奇跡の図書館ネコ『デューイ』とトト君

昨日のフジテレビ『奇跡体験アンビリーバボー』で
奇跡の図書館ネコ『デューイ』のことをやっていました。

アメリカの小さな町、不況で崩壊しかかっている町の図書館に一匹の子猫が捨てられていた。
図書館で飼うことになって・・・町に奇跡を起す・・・って物語なのですが。

CAXQIQT9-1-23

トト君ぢぃ~っと見ています。
テレビちっちゃおかしいなぁ~40型のはず。
トト君デカッ

リンダはとある10月の『明日から台風か』って時に家の前の空き地で見つけた。
トト君は去年の3/1 nayoの会社の倉庫で2月下旬ころから居てどうしようもなく『捨てて来い』と某お方に言われ、営業が相談に来てうちで引き取ることになった。

二人とも周りの人は『福ネコだね~いいことあるねぇ~』なんていってましたが・・・笑いの神様だけだったらしい。

CAU63PFX-1-23

でも今思えばリンダだけなら、
『あたちぃ~ちゃこね~ちゃんから生まれたのよぉ~』って感じで片時もはなれずでした。
それがトト君がきて『あたちはネコってやつみたいでしゅね。ちゃこね~ちゃんとは違うみたいでしゅね』と今はいたずらネコ本領発揮なのである。

そんなトト君に春の気配
リンダは女の子卒業済みなのであるからオメデタの可能性はないものの・・・トト君の虚勢に悩んでいるところである。
トト君は外には出ません。だから他の子に迷惑はかけません。
今のところマーキングもなし。
のように、手術しないで年を取って病気になるってこともないらしいですが・・・

ぼくだけ春でへんな感じ・・・とトトが申しております。

我が家にも春を・・・呼んで来い・・・福ネコよ!

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です