自我(エゴ)と真我の説明

昨日nayo実家に一人で行きました。
本当はぢょん・ちゃこを連れて、風華と公園に行こうといっていたのですが、あいにくの雨
その日の朝、ちゃこさんは病院に行ったし、ここはゆっくりお留守番してもらってnayo一人で
『実家に帰らせて』いただきました

実家に行ってのんびり茶菓子を食べていると
nayo父が『昨日の志村どうぶつ園見たか』と。
nayo『見てない…なんかあった?』
父『ほら、あの動物と話できるひといるしょ・・・』
nayo『あ~あの外人のオバサンかい?』
父『そう。それでね、おじ~さんが依頼したんだけど、すごい畑が大好きなでさ、そのじ~さんが目を離したすきに畑にぶっ飛んで行って・・・農薬まんじゅう食っちゃったんだって…』
nayo『ありゃりゃ
父『そしたら、一命はとりとめたんだけど、動けなくて、顔だけあげてなんか言いたげだったんだと。それで番組に依頼したんだとさ。』
nayo『
父『そしたら、そのヒトいわく、今回のことでそのおじ~さんはひどくみんなに責められて、可哀そうだと。自分のせいでおじ~さんが責められて申し訳ないと。自分も動けるように頑張っているから、笑顔でいてほしいだと・・・』
nayo『動物たちはえらいねぇ~ちゃんとわかってるんだねぇ~(風華を抱きしめ号泣中)』
(私は実際を見ていないので、違っていたらスミマセン)

・・・と一連の話を家に帰っておに~ちゃんに話したわけさ。
おに~ちゃん『そんなに立派な、人間の心を理解する犬なのになんで農薬まんじゅう食ったんだろね。わからないのかなぁ~』
nayo『あのね・・・
nayo『いいですか~それは自我と真我って話でさ、浮気は悪いな…人を悲しめちゃいけないなぁ~と心では思っていてもやっちゃう・・・みたいなもんさ。そこにまんじゅうがあったら食っちゃうのさ…ね、浮気しちゃうでしょ。』
厳密には違いますけどね…

自我と真我の話を浮気の話で説明する、nayoはホリスティックケア・カウンセラーですケドなにか・・・

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です