色即是空、空即是色

しきそくぜ~く~、くうそくぜ~しき

般若心経の一節です。
4-1

会社の机の引き出しに、コレがあるとちょっと怖い
だって、ダ○ソーで売ってたんだもん。

いくら宗教研究家でも般若心経は唱えられません。
でも、中身は知ろうと思って買ったんだ~@3年前

なんで今日はこの話?かって~と、
昨日のブログにもありました通り、今日2日はちゃこさんの月命日であります
1/2にお星様になりました。
あんなに溺愛してたのに・・・忘れてました
2/2、3/2と月命日を経て来たわけですが…
ちゃこさんに触れられなくなってから
ほんの3か月前のことなのに、ず~っと昔のこの事のように思う。
先月も同じこと言ってたな…
それとも、毎日のようにメッセージをくれるちゃこさんと通じ合えてるという妄想からなのか・・・

色即是空、空即是色

物質的現象がすなわち『空』であり、『空』がすなわち物質的現象なのです。

受想行識、亦復如是

感覚、想像、意志、判断の精神的作用のすべてが『空』なのです。

もしかして『ちゃこ』という存在自体いなかったんぢゃないか・・・

まあそれは言い過ぎですが、般若心経からいくと
『もともとない』ものだから『なくなることはない』
んだそうです。

よく言われますよね。。。
魂はコップの中の一滴の水だと。

そのコップの中の水をキレイにすることが使命なので
下界に降りてきた魂は
物質世界での修行を経て清らかな水になってまた還っていく。
そして少しずつ少しずつそのコップの中の水をみんなでキレイにしていく。
完璧にキレイになった水(魂)は神と一体化しちゃうけど、
コップの中は自分だけの魂ぢゃなくて連帯責任なんですよね。
だから『完璧』ってのはあり得ないに等しいから
またそこから修行をすべく物質世界に降りてきます。
魂の根本はあるけれど、空に還った時に『水』として一体化しちゃう
(他の魂と同化しちゃう)から
今度物質世界にくるときには前回と全く同じ『魂』とはならず
前世とそれらしい『くせ』を持って現れるらしいです。
それが『前世がバイオリニストだったようにはぢめてでも弾けちゃう』
とか
『絶対前世は魚やさんだったよね・・・なんで簡単に魚三枚におろせる』
@福田先生のお子さん
見たいな感じです。
それがここでいう『くせ=自我』なんですって。
自我=エゴでなんだか悪いように聞こえるけれど、
その魂の自我がなければ、お互い引き合うことすらできないそうだ。
『おに~ちゃん・おね~ちゃんが大好き
『おに~ちゃん・おね~ちゃんもちゃこが大好き』

そやって、永遠の魂はお互いを見つけ合うんです!
だからきっとまた会える。
近いうちに

なんて・・・
月命日を忘れてたいいわけといたします。

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です