2008年のブログ記事より・・・アニマルコミュニケーション

2008年って・・・
2007年にホリスティックケア・カウンセラーを取得後、それを実践に移していったときであります
手つくりご飯、フラワーエッセンス、ホメオパシー、魂の勉強等など

それまで『西洋医学大好き』なnayoが、やっぱしおに~ちゃんの
『家族に優しい』犬用リンスインシャンプーReraを作ったのがきっかけでただ単にお医者さんに自分や家族の身体をお任せするんぢゃなく、
じっくり向き合ってみよう!
こと、自分の家族に関しては…と誓った年だったと思います。

ちゃこ・・・
Reraだけではなかなか根本の治療とまでは出来なかった皮膚病。
週に一回ステロイドの注射を打ち、すぐに治まるものの、一週間後にはそれにも輪をかけてひどくなる皮膚病に疑問を持っていたころでした。

そんな時ちゃこのハイヤーセルフと繋がったんです
過去記事:ハイヤーセルフって?

『私を治す事があなたの使命です。あなたがいろいろ勉強するなかで、私に試しなさい。知識だけではなく、実践して自信をつけなくてはダメです。私はそれを受け入れます』

おぉ~このころは純粋に繋がっていたなぁ~
この言葉が、ちゃこさんお星様になってからも、励みになっている言葉です。

ちゃこさんは私たち夫婦を成長させるため、そしてちゃこの使命を全うさせるために私たちを選んでくれたと確信しております

このころは自動書記みたいのも出来てたんですよね。

過去記事:ネットの恐ろしさとありがたさ

『犬はすべて理解している』
テーマが降りてきたら、ダーっと言葉が降ってくるんです。

『犬は人間ではない。犬だ。但しここで人間のほうが偉いと思ってはいけない。自然界の中で本当に自然に近いよりスピリチュアルなのは動物・・・ネコであり犬である。だから動物は全てを受け入れる。生も死も。彼らにとっては特別なことではない。彼らは全てを受け入れる。人間と暮らすあらゆる条件も。でも彼らは決して人間ではない。擬人化してはいけない。擬人化するということ自体動物を下に見ている。彼らは人間よりも自然界に近い生き物なんだ。彼らから学ぶべきものはたくさんある。だから犬と一緒に暮らすということは彼らを別な種として見ることが大切である。別な種として理解をすることである。彼らと一緒に暮らすことは人間にとって大きな学びのひとつである』
なんてな。

純粋になろう。初心に戻ろう
ちょっと最近アイテムに頼り過ぎてるな…
こんなnayoでよかったら、アニマルコミュニケーションしますよ

おっと!その前に
家族の家族による家族のための!
Rera(レラ)犬用リンスインシャンプーを使ってみてね
ワンズ・ハーツはワンちゃんと飼い主さんのハートを大切にするショップです♪

http://www.wans-hearts.com

『ありがとう。共に生きてゆこうね』
ワンズ・ハーツのこころです。

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です