薬に頼ってもいいんだよ。

自然療法家が何を言い出すのやら…

ちゃこから教わったことです。
ちゃこさん
毎週のステロイド注射、抗生剤、フード、ワクチンの過剰摂取もあったかもしれません。
ステロイドの注射が切れると
c-1

で、それを一切やめて
手作りご飯(ときどきサボります)と自然療法でやっていく!と意気込みはぢめました。
だってちゃこさんから

『私を治す事があなたの使命です。あなたがいろいろ勉強するなかで、私に試しなさい。知識だけではなく、実践して自信をつけなくてはダメです。私はそれを受け入れます』
2008年にそう言ってくれました。

過去記事:ハイヤーセルフって

で、もう『薬なんて絶対ダメ!』って思いでいろいろ試してみました。
するとあらゆるところから膿が出始めて・・・体臭もひどくって・・・
c-3

これって私の思いあがりなんぢゃないか?って

そしたら『今までは見ないふりをしていただけ・・・』ってまたメッセージをもらいました。

毛も抜けて、膿が出きったらほんとうにきれいなお顔になったんです。
3a1c13d0.jpg

でもね、耳の膿だけは出続けたままでした。

今思えば出し切るだけの体力がなかったのかもしれません。
いろんなサイトを調べてホモトキシコロジーにたどり着いた時、日本総代理店顧問の獣医さんに
『薬をうまく使いながらデトックスもできるんだよ』と教えられました。
自然療法だけを信じて、症状を放置することはあまりにも無責任だ。
そうも言われました。

こと、動物に関しては人間の寿命のどのくらいでしょうか・・・
80年も生きていれば症状を味わう時間も必要なのかもしれません。
でも動物たちはわずか10年前後。
その一年を症状と向き合わせるのはどうだろう・・・
薬だけに頼るのではなく、薬のリスクも考えたうえで
『症状を軽くしながら、根本の治療を目指す』事も可能なのではと思いました。

ボディートークは獣医師さんの治療のサポートもできます。
相乗効果で早めに薬を切り上げることも可能かもしれません。

薬で症状を止めながら、ボディートークで身体の声を聞いて、そこを解放してあげれば
薬がなくても症状は出ないかもしれません。
デトックスするにしても、基本体力や自然治癒力は大変重要になってきます。
それ、手作りご飯や自然療法でケアできるかもですから。

CIMG10301

ちゃこが教えてくれたこと、あまりにも大きくてね。。。
本当に感謝してます。
なんか、そんなことを書きたくなった今日でした。

attachment00 (32)

わたちがバトン受け取ったでち!

あんた・・・それは新聞を丸めた精神棒ぢゃ!

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です