ビンボーは究極の断捨離なり。

コレ、朝お弁当の卵焼きを作ってる時に降りてきた言葉(笑)

ボディートークをなぜ習おうと思ったか?
とてもいいものだけど、セッションの度、毎回お金を支払うのが大変だから。
家族にしてあげたいから。

さとう式リンパケアをなぜ習おうと思ったか?
とてもいいものだけど、セッションの度、毎回お金を支払うのが大変だから。
家族にしてあげたいから。

結局は自分が習って家族にしてあげたらタダだから。そんな理由。

世の中は
豊かに。
お金を引き寄せる。
自分がビンボーだと言ってるからお金が入ってこない。
お金を使う価値がある人間だと言い聞かせて。
とゆー風潮があるけれど。

お金が無いことが、もしかしたらたくましく、いろんなものをそぎ落とした、究極の断捨離&スピリチュアルかもしれません。

今、ボディートークの創設者、ジョン先生が来日されているらしいのだけど、全く知らなかった(笑)
もちろん、協会のサイトも見てないし、もしかしたらメールが届いていたかもしれないけど。
他の施術士との交流も無いし、セミナーどーする?なんて話は皆無(笑)
去年、行きたいセミナーがあったのだけど、セミナー代を振り込もうと思ったら車をぶつけて、同額が飛んでいったもので、それ以上の出費を出せるわけもなく断念。

とか

アニマルチームはあたし意外、海外のセミナーに行っていろいろ吸収しているけれど、あたしは行けないし。

最初は羨ましいと思っていたけど、最近は必要無いのかもな…って思ってきた。
必要ならちゃんと行きたいと思うし、行かねばだし。
その意欲が湧かない。

外側にアレコレくっ付けるよりも、中身がしっかりしていれば、何もいらないのではないか?

前にもお話したかもだけど、きっとお金があったらいろんなセミナーを受けまくって、お免状をもらって、頭でっかちのセラピストだったかもしれない。

いろんなものをそぎ落とすことによって、本当必要なものが見えてくる。
そして、ピンときたら参加する。

数年前、とあるタレントさんが山奥で暮らしていて、家も畑も電気も水道も自分で作ってる。
自力で発電、自力で水をくみ上げるなどなど。その方が言っていたのが
究極、自分が作れないものは必要ないってこと。必要な時はこうして撮影の話が来て撮影料が入る。
それで賄う。
と言っていた。

ビンボーだから得られるパワーもあるんぢゃないかな?

究極、家族がいれば何もいらない。
さらに究極は魂だけでいい。

(注)ビンボーの定義は人それぞれです。

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です