男子禁制!自分性を開くとは。まぐわいだけぢゃない!

動物は出てきませんので興味ない方はスルーしてください。

今年ももうすぐ終わりますね。早い!

こんなの出たので書いてみよう!

なんか、今年のFacebookは女性性を開花!ってのが多かったなー。

きっとあたしは恋多き女でしたので@今の旦那さん前(笑)その辺の方が「恋愛」を語るよりももっと引き出しあるし、修羅場もあるしすごいトークライブになるだろーなーって。

んで、いろんな方があちこちでまぐわいまぐわいって。

まぐわい(H)する事で女性性を開花って。

それを見て穏やかぢゃなかった40オーバーの女性たち。あたしに相談も多かったです。

「私、女性性を開花したいのですが、旦那がしてくれないのです」

悩みますよね…

若ければイケイケどんどんかもしれない。でもこの年になるとそーも言ってられない。

まぐわい教の人たちは

・自信を持って誘ってみよう

・あなたに魅力がないからです

・ご主人がダメなら他の人と

あたしも年甲斐もなく揺れました(笑)

でも、そもそも女性性ってなんだろ。人って本来は1人で完結するもので、でも完璧ぢゃないからないものを求める。(みんなで集まって何かをするってのは良しとして)

ってことは、完璧に近い人は1人の中に男性性も女性性もあるってことだ。

そしてこの世の中、女性を好きな女性もいるし、その逆もある。もう男性性、女性性ではなくて自分性なのではないか?自分性を開花できなくて悩むのなら、まぐわいだけが方法ぢゃない!

自分を愛でるという永久の課題にみんな取り掛からなければ。

それができないからみんな外に原因をもとめるのだよね。

話を戻します。

もちろん相手はいるに越したことはない。

悲しみ半分喜び二倍というから、分かち合うこともできる。

相手を見つけるのも、相手との関係を長続きさせるのも、いかに自分をさらけ出して理解してもらえるか。

もし、相手が事故で下半身付随になった時、あなたは女性性開花のためにまだまぐあいを望むのだろうか?

もう完璧に近い人はまぐわうことなく、ないものはさらりと補い、自分性を開花できるのではないか。

まぐわいまぐわい言ってた人がまぐわい卒業宣言。

夏はショートが当たり前と雑誌に乗せられ、髪をバッサリ切ったのに、秋はやっぱりロングと。そんなにすぐは伸びないよー。そんな感覚。

だから自分性を開花しよう。ブレない自分を作ろう!

昔はUFOにさらわれて、なにかを埋め込まれたけれど、今は遠隔で操作できちゃう時代。まぐわうことなく、開花だってできるんだ。

第2のお年頃近辺の人たちが、楽に生きられるようにって思ってる。

まぐわいなくても、精神的に繋がれるのは、お互いが独立して、相手を思う余力があるからだと。

そんなオトナがいいなー。

そそ、今ね

フンパンモニターやってます。

この歳になるといかに裸族に近づくかってなことを考えてます。

寄せてあげては実はあまりよろしくなくて。

締め付けは体の液の流れを妨げるから。ブラもワイヤーが入ってるのは常にツボを押されてる状態なのでよろしくないとか。

なので、裸族。体を締め付けなくなると、実は自ずと痩せてきたりします。体本来のその人が必要とする体型になってくると。

モニター結果出たらまたお話ししまーす!

次回からはまた通常のブログになります。

Facebook Comments

4 件のコメント

  • 興味深く読ませて頂きました。
    自分性、少しは近づいてるかも?って思います。 笑
    そう言うお年頃ですから 笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    元理美容師、化粧品研究開発・製造工場の工場長を経て化粧品開発経験者のオーナーが処方する家族(愛犬)のためのヘア&スキンケアを担当。 アニマルコミュニケーションやそのほかの自然療法勉強中のnayo。 開店準備から現在のつぶやきまで。すべてがはじめての奮闘記です。 ワンズ・ハーツは動物たちが過ごしやすくなるためのお手伝いをいたします。