癒し処から療院へ 癒しの里 青蓮庵は変わります!閲覧注意画像あり(笑)

癒しの里 青蓮庵サイト

年末に2019年の漢字『仁』を発表し、おもいやり、慈しみ、情け・・・というのを念頭に置いて・・・たかどうかは別にして、今年は進んでおります。

『仁』から想像するものはやっぱし

ですよね。あたしは観てなかったけどなんとなくお医者さんの話ですよね。

でです。

ディープクリアリングセッションをやっていて、これはエネルギーを整えるから、後は体の治癒力に任せましょう。
治らない期間も意味あることですから…みたいな感じです。
あたしはここまでさせてもらいました。あとはあなたの力です。

みたいな。

もちろんそれは間違っていないし、依存ということをさせないように立ち入らない領域も必要だと思っています。
でも何かしら頑張るスイッチが押されない様ならもうひと押しする必要があるのではと思いました。

そこで、ディープクリアリング&トリートメント。

修復のエネルギーを強制的に流すというものです。
体の免疫力回復を待っていられない様な場合。
その決意のブログはこちら。

癒しから療法へ。進化するDPC・・・備忘録

なのだけど、どうしてもまだスイッチが入らない時があります(病気とかの場合)

それはなにかというと・・・

あまりにも不必要な物質が体内に溜まってるのではないか?

今までデトックスキットやらデトックスセッションやらホメオパシーやら駆使してきました。
でも本当に(目に見えるものではないので)出来ているのか。
信じるものは救われるではないけど、とりわけ疑り深いあたしのことです。
人にセッションしておいて言うのも何ですが

『すっかりよくなりました!』

とか

『あれ以来大丈夫なんですよ!』

なんてご報告をいただくと嬉しい反面

nayo
ほんとかぁ?

って思います。

そんな時思いだしたのがコレ

ゴッドクリーナーって言います。
体内のデトックスをしましょうっていう機械。

十年くらい前に見てていいな~と思いながら素通り。
でも最近やたら目に飛び込んでくる。
皆さんの体験談だけで、自分試す前に買いました。

ワンズ・ハーツの資産計上です。

あたしは小さい頃から薬漬けです。
自然療法推進している割には自分に甘いので症状を早く消したくて。
生まれたばかりの時はちょいとばかし障害を抱えていたのでそれを治す注射。
思春期には人一倍生理痛+小さい時から頭痛持ちで鎮痛剤
生理痛を治すために長期間のピル使用
喘息持ちなので咳止め
仕事人間ですから、ずってでも這ってでも仕事するために
三度の飯より風邪にはパ◎ロン

です。
あまりにもヤバイと思ったので年に1~2度は一週間の完全断食をやってましたが、ここ最近はやれてない・・・

水飲まない汗かかないのあたしにできるのかデトックス。

30分このままです。

5分後なにやら色が…

10分後・・・なんか浮いてきました。

最初は足をキレイに見せようとアプリを使って撮影してたのだけど、あたし足白くて逆に血管まで見えてた(笑)
でもこの状態になって、もう普通のカメラで撮ることにした(笑)

やばいでしょ・・・

30分後・・・フィニッシュ

黒いのが出るのは薬漬けの証拠
そして水の匂いはパブ◎ン臭

OMG!

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

ってことで、証明できました。
これで、みなさん元気になりましょう。
そして、肉体を天に還すときにはきれいな体でこの世を離れましょう!

旭川ではまだどこも導入されていないらしいです。

これは日頃皆様にお世話になった施術代で購入したものですので、また御恩をお返ししたいと思っています。

多分1回3000円を考えておりますが、問診票や回数券、備品などなどそろえる準備をして、

でも一番は確定申告

3月下旬~4月にはサロンにて施術開始したいです。
機械持参の出張も考えております。

もう少しお待ちください。

ココロもカラダもデトックス。
人間が元気なら動物たちも幸せ!

癒し処から療院へ

ご期待ください。

 

 

 

 

 

Facebook Comments

2 件のコメント

    • 由香さん
      これでまた北海道に来る理由ができましたね
      そっちの方がたくさんあると思いますが。
      前回忙しかったから次回はのんびり来てくださいよー

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    元理美容師、化粧品研究開発・製造工場の工場長を経て化粧品開発経験者のオーナーが処方する家族(愛犬)のためのヘア&スキンケアを担当。 アニマルコミュニケーションやそのほかの自然療法勉強中のnayo。 開店準備から現在のつぶやきまで。すべてがはじめての奮闘記です。 ワンズ・ハーツは動物たちが過ごしやすくなるためのお手伝いをいたします。