『あにまある』に行ってきた。

実は昨日nayoの仕事がお休みで
旭川市動物愛護センター『あにまある』におぢゃましてきました。
attachment00 (11)

というかなぜ突然そんな話になったかって言うと…
つい先日Fbで個人的にあにまあるを支援していらっしゃる
『あにまある支援隊』(以下ゆきのさん)という方とメッセージのやり取りで盛り上がり、実はワンズ・ハーツ/青蓮庵のページも見てくださっており、一度お会いしたいね~って話になっていたんです。
でもあにまあるは平日しかやっていないし・・・
nayoの休みとゆきのさんの休みが合う日…っていったら直近の直近
2/20が二人ともお休みでした。

はぢめましてなのに実は年が同じで(学年は一つゆきのさんが下)しかも動物が大好きなのでエライ盛り上がりました。
んで共通のお友達『ゆーたん』という方がいた…(o_ _)ノ彡☆ポムポム

『ゆーたん♪』(。-∀-)ニヒ♪

そしてそして
あにまあるで何が出来るか・・・というお話を延々煮詰めましたよ。

nayoは動物愛護ってのがあまり好きではありませんでした。
捨てられた子たちの受け皿ばかり増やしてもしょうがない。
『可哀想だから・・・』に意識を向けると可哀想な子ばかり増えていきます。
何度かここにも書きましたが、動物が好きな人は助けるための労力を惜しまないと思います。
一人増えてもま、いっか?的な発想。
それだけでは何も解決しない。
ペットショップやずさんなブリーダーの法的締めだしなんて、いつになったらできるのか?
それならば動物と一緒に暮らしている人間たちが本当に『命を預かる』という重さを認識して最期まで責任を持つという意識を持てば両方解決するんぢゃね?と思うのです。
売れない子は量産しないし。そう言ったブリーダーやペットショップは簡単に売れなくなれば淘汰されていくでしょ?
attachment01 (2)

ゆきのさんは何度もあにまあるに足を運んでご自分のブログで状況をアップされています。

私ははぢめてあにまあるに足を踏み入れました。
attachment04 (1)

入口の前に保護頭数が書かれているものがありました。

attachment03 (1)

ボランティアさんが作ったんですって。

入館して観覧希望の名前をかくと、センター長さんが案内してくださいました。
attachment01 (5)

この日拝見したのは犬が3頭
猫は20匹くらいかな?
attachment02 (2)

状況をお聞きすると、捨てられている犬猫が保護されて連れてこられるってのは今はほとんどなくて、
『飼えなくなった』『避妊しないでいたから子供が生まれた』と、飼い主さんからセンターに持ち込まれるのが多いとのこと。
猫さんなんかはヒートのシーズンになると、一度に持ち込まれるのですぐに保護できる枠がいっぱいになってしまう。

わかりますよね・・・保護できる数にも制限があります。
殺処分ゼロを目指してはいるけれど・・・。

んぢゃ、もっと保護出来るスペースを・・・って話にはならない。
きっと金魚鉢の大きさに金魚が比例して大きくなるように、保護枠が大きくなればきっと保護される頭数も多くなる。
これではいけないんだと思います。

捨てる人の意識、持ち込む人の意識を変えなくてはいけません。

今後どれだけ携われるかはわかりませんが、出来る範囲で精一杯♪絡みたいと思います。

ゆきのさんとFbでお話しするようになって、nayoの周りでドドドドーって人の繋がりが出来ています。
これって動けってことかな?

BodyTalkとアニマルコミュニケーション、その他の療法で
『ありがとう・・・共に生きてゆこうね』
ワンズ・ハーツのこころが発信できればと思います。

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です