ちゃこのおぢさん

うちの散歩はちゃこがいるころから
時間は決まってないし、コースも決まっていないから
近所に犬友はおりません。

すれ違って挨拶を交わす程度。

でもお一人だけ、ココロを許す存在の方が。

ちゃこのおぢさん。
aa199611.jpg

もう10年以上前だろうか。
ぢょん・ちゃこを連れてお散歩をしていると、
チョコラブとビーグルを連れたおぢさんがお散歩してました。

ちゃこはそのおぢさんが大好きで。
チョコラブとビーグルはぢょん・ちゃこが大好きで。
ぢょんは逃げ惑う。
4匹でいつもリードが絡まっていました。

ちゃこのあまりにも穏やかな振る舞いに
おぢさんは惚れてしまって
ゴールデンを飼いました。
さくらちゃんと言います。

これがまたやんちゃで(笑)

ちゃこちゃんをみてゴールデンに憧れたけど
こんなの来ちゃった(笑)といつも笑っていました。

でもそのおぢさんが出稼ぎにいったり、湯治にいったりで
なかなかお会いする機会がなく・・・

見つけても遠目で見て、あ・・・一人(匹)いない
・・・また一人(匹)・・・と少なくなっていました。
ちゃこの亡くなる数か月前(まだ発症してなかったね)
会えたんだよね。
7b505672.jpg

そして数年会っていませんでした。

そしたらなんと昨日!
お会いできたんです。
おぢさんはさくらちゃんを連れていました。

『お久しぶりです!うちも前の子が亡くなって今二代目なんです』
『そうみたいだね~元気そうだね(笑)』
『はい。猛獣です』

聞けばおぢさん。
脳梗塞を患って半年入院されていたそう。
今は杖を突きながら、グイグイさくらちゃんに引っ張られ
リハビリをしているそうです。

あまりにもさくらちゃんもミニィもワイルダーだから
絡むことはできないけれど…
数年ぶりにお会いして、お話しできたことに感動しました。

『もうお仕事行かないんでしょ?』
『うん。もう家でゆっくりするわ~』
『おだいぢにね~』
『ど~も~』

犬がいなければお互いに声をかけることもなかった人との出会い。
どうぶつ達が繋いでくれるご縁をうれしく感じました。

ワンズ・ハーツのこころ
というブログのタイトルは
ネットショップを立ち上げる時に
オーナーとあたしと二人に下りてきたコトバをつないで作った詩なんです。
=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=/=

犬と一緒に暮らす事で私たちは彼らからたくさんの事を教えられました。

彼らと一緒に過ごす時間。
彼らと一緒でなければ通る事もなかった細い道。
そこで見つけた秘密の空き地。
彼らと一緒でなければ出会わなかったたくさんの犬と飼い主さんたち。

彼らと一緒でなければ見ることがなかった…彼らの笑顔。

言葉の話せない彼らは、キラキラ輝く笑顔で私たちを癒してくれます。

そんな彼らに何かお返しがしたい。
私たちも癒されるかわりに彼らを癒してあげたい。

『ありがとう・・・共に生きてゆこうね』

私たち『家族』は共に『いたわり合い』ながら過ごしてゆきたいと思い
『ワンズ・ハーツ』を設立いたします。

彼らにより良いものを…
自分たちの『家族』だけではなく、より多くの『彼ら』を癒してあげたい。

その思いを胸に・・・はじまります。

take care shop ワンズ・ハーツ
スタッフ一同

itsumo sobani itekurete arigatou
itsumo iyashitekurete arigatou
itsumo shinjitekurete arigatou
korekaramo itsumo issyodayo
wan!!’s hearts no kokoro
138

http://www.wans-hearts.com/heart.html参照

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です