インナーチャイルドは癒さなきゃダメなのか?


ツルサラフワが長続き
犬臭くなりにくいリンスインシャンプーできました。
元理美容師・化粧品製造技術者が
皮膚病の愛犬のために処方開発した
安心安全のシャンプーRera(レラ)

ワンズ・ハーツは犬のシャンプーを販売してますが
「飼い主さんの幸せはぼくらの幸せ」
と我が家のぢょんから言葉をもらってから
真剣に人間も癒したい!そう思って活動しております。

さて、タイトルの話
「あたし長女でよかったなぁ~」ってつくづく思う最近です。
nayo家、第一子は代々男の子が生まれていたので、あたしずっと男の子として育てられた。
髪の毛も短かったし、伸ばすと叱られるし。
赤ちゃん時の産着はブルー。
最初に手にした人形はウルトラマン。
クラスの出し物でファッションショーがあったとき、女の子はみんなドレスだったのに
あたしだけ、ジージャンにヌンチャクだった。

妹が生まれてから『おね~ちゃんなんだから』といわれ。
典型的(笑)
Facebookで時々シェアをするけれど
「長女あるある」とか。
甘え下手、自分のことは二の次、人に頼ってはいけない
無理ですとは絶対言わない・・・・などなど

もちろん、そんな抑えがあったからちと歪んではいるけれど、
そんな自分が大好きです。
抑え込まれた自分だから今がある。
もっと甘え上手だったらなぁ~とか
無理ですって言えたらなぁ~とか思うけど。
人を救いたい!動物たちを救いたい!
もしかしたらそれは『頼られ続けた』からこその当たり前のことかもしれない。
今の自分、無理してないもん♪

もし、幼少のころの信念システムにより
ココロを閉ざしているインナーチャイルドがいるならば。
その子がいたことでよかったことも必ずあるはずだ。
その子がいたことで守ってくれたのかもしれない。
幼少期に埋め込まれた信念システムをどうするか?
ってか、どうしたいのか?なんだ。
女性らしくなりたいのなら、過去はどうであれなればいいし。
かっこよくなりたいのなら、ナヨナヨしないでかっこよくなればいい。

あたしが長女でなければ、きっと守ることができなかった人がたくさんいる。
逆にあたしが弱くなった時に、ほかの人には弱音を吐かないだろう。
でも本当の友達なら
「さすがのnayoさんでも、弱ってるしょ?」って言ってくれるはず。
今のあたしの性格は親よりもおに~ちゃん@主人や本当のお友達のほうがわかってくれている。

今どんな人になりたいのか?
過去にどんな押さえつけがあったとしても、そこから逃れて
自分で羽ばたいていけると思う。

我慢が美徳、無理してでもやり遂げる
そう教わって生きてきたあたしは
今でもそれをモットーにしながらも、本当につらい時に
声をかけてくれる人がそばにいる。
それは自分がつかみ取ったものだと自負している。

インナーチャイルドは悪ものではない。
その子に感謝して、認めてあげて、一緒に成長させてあげる。
一生分身であり、いなくなってほしいものではないのだ。

その子がいたからダメなことも確かにあったけど、
同じくらいいい事もあったはず。
どんな生き方をするかはインナーチャイルドに関係ない。

どんな自分になりたいのか?
それを明確に妄想して、そこに行く努力をする。
その目標が歪んでいたら到達しない。それだけ。

あたしは長女であり、長男であり(笑)
そんな自分が大好きだ。

どうだ!

でも道しるべがわからなかった時にはご一報ください。
エネルギー調整により、道明かりを点けてあげましょう♪
3月のセッションも埋まってきてます。
ご予約はこちら。

Facebook Comments

ABOUTこの記事をかいた人

元理美容師、化粧品研究開発・製造工場の工場長を経て化粧品開発経験者のオーナーが処方する家族(愛犬)のためのヘア&スキンケアを担当。
アニマルコミュニケーションやそのほかの自然療法勉強中のnayo。 開店準備から現在のつぶやきまで。すべてがはじめての奮闘記です。
ワンズ・ハーツは動物たちが過ごしやすくなるためのお手伝いをいたします。