薬の重要性とデトックスの重要性

一ヶ月半で骨ついたって早すぎってDr.も理学療法士もびっくりしてた。
あとはリハビリ♪
理学療法士は若いに~ちゃんなので、楽しみながら行けてます。
でもやっぱし体全体を見てくれないので

やわらぐーさんに体のケアはお任せしてます。
テーピングはやわらぐーの先生作。
あ、テニスはできてます。
でも度重なる骨折によりちょっと変形してまして。
負担が大きくて、夕方になるとむくみと痛みが出ます。

すると鎮痛剤の出番!薬断ちできたなと思ったらまた常習www

でもこれは一時のことって割り切っています。

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

薬を飲むことに嫌悪感を持つ方がいらっしゃいますが・・・それも体力のいる仕事なんです。

去年の年末nayo母がインフルエンザにかかりました。
ワクチン打ったのにね(笑)
でも母ももう80歳近い。薬を嫌がって自然療法で治すんだ!って言ったら怒鳴ってたかもしれない。
さっと薬で熱を下げるってことも時と場合でいいこともあります。

あの高齢で、ご飯も食べられず、フラフラで、寝れば治るってものでもない。
自然治癒するにも体力がいるのです。
治る前に死んでしまいます。

そして、自分の症状にイライラすることもありますよね。

在りし日のちゃこさんに教えられたことがあります。
アレルギーで薬漬けで。カイカイで。
一切やめて自然療法に切り替えて3年。
やっときれいになったな~~~って思ったらお星さまに。
動物の寿命は10年前後。

今なら薬を上手に使いながらデトックスすることを選びます。

一時の症状を抑えるなら薬だって良薬なんです。
ちゃこはあたしを責めないけれど、自己満足でちょっと苦しませてしまったこともあるなと反省。

なので、ここを乗り切るための薬なら飲んで構わない。

そして、体力が回復してからデトックスをしてもいいんだ。

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

デトックスの重要性をなんかいい方法で表せないかな?って思ったら天の声が。

『外で転んで傷口に土や砂が刺さっているのに、そのまま絆創膏をしてる感じ』

なるほどね。消毒しますよね。オキシドールで泡ぶく・・・古い

あ、今は傷パワーパッドか???それにしても洗いますよね。

その汚れを落とさぬまま表面の治癒力で皮膚が治ったとしても、バイキンだったり砂だったりは体内に取り残されちゃいます。

なので、ちゃんと処置をしなければなりません。

鎮痛剤飲みすぎてるのわかってるので時間あったらゴッドクリーナーやるようにしてる。
骨折の痛みを自力でうんうんうなりながら我慢するのは至難の業でした。
鎮痛剤今は一日1回飲むかどうかなので(骨折中は一日4回)デトックスに頑張ります。

慢性症状に薬を飲むのは症状をただ抑えているだけ。
そんな時はデトックス/ゴッドクリーナーおススメします。
体の汚れが取れたらあら不思議・・・ってなるかもです。

日曜日も開けて~~~って方がいたら対応できるときはしますので。
今日(日曜日)も一家で遠くから来られた。みなさんスッキリして帰られました。

7月はまだ余裕がありますので。

元気な時こそデトックスを!
夏こそ温熱を!

ご予約は➡コチラ

 

 

 

 

Facebook Comments

2 件のコメント

  • 私、鼻炎の時はすぐ薬に頼っちゃいます。でも、痛みには強いのでガマンしてます。でも、光輪を使いだしてからはどちらも落ち着いてます。
    ゴッドクリーナー一度は試したいです。
    リハビリ頑張ってくださいね。

    • 由香さん
      我慢できないタイプなので・・・あ、精神的な苦痛は我慢できちゃう。。。なんでだろ。
      デトックスはこの先本当に重要なんですよ。
      なんか考えていきましょうね。。。
      光輪すごい人気です。Reraより・・・トホホ(´;ω;`)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    元理美容師、化粧品研究開発・製造工場の工場長を経て化粧品開発経験者のオーナーが処方する家族(愛犬)のためのヘア&スキンケアを担当。 アニマルコミュニケーションやそのほかの自然療法勉強中のnayo。 開店準備から現在のつぶやきまで。すべてがはじめての奮闘記です。 ワンズ・ハーツは動物たちが過ごしやすくなるためのお手伝いをいたします。