涙泥棒

51f004c9.jpg
またまた、北海道新聞 火曜日の夕刊に載っていたお話。

女優の高橋恵子さんと黒ラブの獅子丸君14才。
今生の別れを何度となく危惧しその度に涙を流し…そして復活する
と言うことで『涙泥棒』というタイトルなのだが

その中のエピソード…
お尻周辺に腫瘍が飛び出し『末期ガン』を宣告された獅子丸君。
絶対に治すと高橋恵子さんの娘さんが毎日患部に手を当てて癒やし続けた…そのかいあって、腫瘍は消滅した
と書かれていました

もちろん、治療はそれだけではないかもしれませんが、まぢで手かざしをあなどることなかれです。
こうやって有名な方がホリスティック的な事を書かれると嬉しいです。
思いは通じる。
お互いの思いが一つならその課題が終われば病気は治る

またまた感動いたしました。
涙を流しながら記事を読み、ぢょん・ちゃこを抱きしめたnayoでした。

またなのぉ

呆れているのに黙って抱きしめられていたちゃこでした。

ぢょんは内容はともかく、抱きしめられるだけで有頂天でした

ありがとう共に生きてゆこうね

Facebook Comments

6 件のコメント

  • ジョンにも左脇腹に脂肪の塊があって心配しましたが、もう何年も持ってます。触ると行けないのですが、小さくな~れと念じています。
    心臓が弱ってきているジョンなので少しダイエットしてますが、なんか、その脂肪が少し減ったような気がしている今日この頃です。
    すこぶる元気なジョンで、皆さんから褒められてます。
    いつか別れの日は来るけど、その日まで楽しく暮らしたいです(*^_^*)

  • 私も火曜日の夕刊は楽しみにしています。
    もちろん、この記事も読みました。
    そうですね、我が家の太郎も心臓の鼓動が、だんだん酷くなってきていますが
    穏やかに、静まるようにと、抱っこして日々念じています。
    私達もRUBEさんと同じように
    その日まで、楽しく暮らせるようにと思っています。

  • おぉぉ~!!!
    なんていい記事でしょう
    北海道新聞、いいですなぁ~
    飼い主の手に思いを込めてしっかり撫でてあげるって大切なことですよね!
    今日、ハートをに連れて行ったんですけど、ものすごく震え出したので待合室でず~っと頭と胸を優しく撫でてあげてたら、な~んと!ガタガタの震えが随分おさまったんですよ
    飼い主の「大丈夫!」の気持ち、思い、愛情…….必ず通じるものだと実感しました。

  • RUBEさん
    コメントありがとうございます
    ジョン君はお元気ですよね。大病を患ったとは思えない
    ぢょんが目標とするちゃんです
    手かざしは、ちゃんに直接できなかったら、ご自分のその部分を置き換えてする事が出来ます
    以前、ちゃこが立ち上がれなかった時、ちゃこも興奮していたので手がつけられず…
    私をちゃこ
    に置き換えてやってました。
    ジョン君、穏やかに、でも元気いっぱいでお過ごしくださいませ。
    はいいですよ

  • たろママさん
    コメントありがとうございます
    太郎さん、心配ですね。でもたろママさん、たろパパさんがいらっしゃるから大丈夫仲間もいるから大丈夫
    穏やかに穏やかに日々お過ごしくださいませ。
    私に出来る事があれば、させていただきませからね

  • ハートママさん
    コメントありがとうございます
    北海道新聞、頑張ってますよね。
    獣医さんのコメントもありますが、飼い主さん目線のこういったコラムから気づく事がたくさんあります。
    自然療法の批判ばかりの新聞記事ではなく、選択肢のある情報をと願います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です