twitter 日本盲導犬協会(続報)

【日本盲導犬協会】
本日4/2付け読売新聞に、PR犬ヴィンスのこと、『盲導犬ハート募金』のことが紹介されました。
被災地の盲導犬の実態を知っていただければと思います。

以下読売新聞

東日本大震災で大津波にのみこまれた日本盲導犬協会のPR犬が行方不明になり、関係者たちは行方を案じながら「被災地の視覚障害者と盲導犬について知ってほしい」と1日、「盲導犬ハート募金」を設立した。(宮沢輝夫)

 PR犬はオスのラブラドール・レトリバーで名はヴィンスという。ボランティアで飼育していた宮城県名取市閖上、主婦橋浦洋子さん(60)は、あの日自宅で避難しようとしていた時、ごう音とともに津波に流された。気がつくと家ごと約700メートル流されていた。屋根裏で一晩過ごして救助されたが、同じ家にいた初孫の直人ちゃん(7か月)は遺体で発見された。次女の由里子さん(27)や義母のたへさん(88)、そしてヴィンスは行方不明のままだ。

続きは→YOMIURI ONLINE

Facebook Comments

2 件のコメント

  • ハートママさん
    コメントありがとうございます
    もう、もってこいのネーミングですよね
    ハートちゃんの思いが伝わったかな

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です