動物たちの治癒力を信じる

人間に比べて動物たちは本当に素直だから、自然療法は効きやすいんです。
疑う心を持たず、本能的に(去勢避妊済み含め)子孫を繁栄するという思いは人間よりも強いし、悲しいですが人間よりも短い命の中で『患っている暇はない』からです。
ワンズ・ハーツの自然療法版『青蓮庵』の動物とともに生きるということ~動物は素晴らしいの中にも書かれていますが、動物たちは自らの身体を治癒する『バランスを取る方法』を知っているようです。

bc962792.jpg

さて、ぢょん君・・・最近『多飲多尿』のようです。
トイレが近くなったなぁ~とは思っていたのですが、お水も多く飲みます。
ドライフードを食べているはお水をのむ傾向があるのですが、ぢょんはnayoの手作りご飯水分たっぷりです。
おしっこを済ますとすぐお水を飲みます・・・ガブガブと。

『多飲多尿』は糖尿病の症状もしくは腎不全と調べたら書かれていました。

去年の11月の血液検査では全く問題なかったし、太り過ぎでもないし、急に体重が減ってきたわけでもない。
食欲もある!元気いっぱい!回復力は目を見張るものがある。10歳の走りやジャンプではない
ホモトキシコロジーのデトックスキットを飲んでいる♪肝臓・腎臓・腸・リンパのケアもだいぢょぶ。
でも尋常ではない量の水を飲む・・・

今朝、ホメオパシーを勉強されている方にをしたの。
次回のボディートーク無料体験会の件で。
先日行われたボディートーク講演会にはホメオパシーの授業が急に入ったため参加できなかったらしい。
その授業って『動物たちのためのホメオパシー』のオープンキャンパスだったんですよね。
私もすごく行きたかったのですが、仕事でしたし・・・有給を取る勇気がわかなかった…
で、その方ので『彼らの治癒力はすごいなぁとビックリしました。』と
ホメオパシー的にいうと、ちゃんとその子の症状にあったレメディーがヒットすれば・・・ってことになるのですが。
そうそう!nayoはアニマルホメオパスを目指したこともありました…お金に負けて挫折しましたが。
彼女に動物の素晴らしさを聞かされて、ちょっと気持ちが楽になり、信じる心が持てました。

先日の『須崎先生のセミナー』でも『具合が悪くなったら、必ず原因がある!ナチュラルケアと言いながら、症状を消すことをまず考える飼い主が多すぎます!!!』と言われたばっかりだった。
それにnayoはボディートーカーだった。

ちょっとじっくり向き合ってみよう。ぢょんがくれたギフトかもしれない。
いざとなれば、自然療法を勉強している『たかすの丘どうぶつ診療所』の林先生もいらっしゃるし。
エヘヘ・・・自分の心を奮い立たせるブログになってしまったです・・・

2cdb9fcc.jpg

ぼくだいぢょぶだぢょん!

Facebook Comments

2 件のコメント

  • ぢょん君、最近なんですか~
    実は我が家の4頭目ジュピターが多飲多尿でした。
    小さいころはそうでもなかったんですけどね。
    バケツに首突っ込んでお水飲んでましたよ。
    まあ体もとんでもなくでかかったですからバケツもでかかったです
    でも、特にどこが悪いということもなかったんですよ。
    多飲はとっても個体差がありますよね。
    ハートはちっともお水飲まない子だし。
    強制的にご飯に水分を多くして水分摂取してるからいいとは思いますけど。
    nayoさんにはいざとなれば強い味方の動物もあるし、何よりご自分がいろいろ勉強してらっしゃるからこれはぢょん君からのと考えた方がかもですよ。

  • さすがハートママさん
    コメント(*’人’*)ありがとうございます
    ぢょん、最近ですね。オシッコ、ぢょぢょぢょぢょ~んになってます。
    気になったら気になるもので、結構飲みます。
    多飲は一概には言えないのですね。
    調べたら悪い方ばかりに目が行ってしまって
    昨日、おに~ちゃんを代理にしてぢょんのセッションしました。
    すぐ終わったんですが、そのひとつが
    膵臓反射点ー精神の許可
    ( ̄・・ ̄)
    でした(笑)
    勉強させていただいているおかげであちこちにスペシャリストの知人がたくさんいらっしゃるので
    ありがたいです。
    もちろんハートママさんも飼いの大先輩頼りにしてます。
    (*’人’*)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です