選択肢を狭めてるのは…nayoの備忘録

昨日、働き盛りの男性のBodyTalkセッションをさせていただきました。
この方は二度目。
前回、仕事が忙しすぎて心身ともにいわゆるヤバイ状態になり・・・のセッション。
今回はその次の段階のセッションでした。

課題は『選択肢を広げる』だったのです。
・選択肢を広げる
・責任
・可能性
これがキーワード

なんだろうとひも解いていくとこの男性は小さいときから
『選択の余地がない選択』を強いられていたと。
子供ながらに親の状況を見て
『自分は我慢しなければいけない』『失敗してはいけない』といいきかせ、その選択をあえてしなくなったのだそうです。
『おもちゃはねだってはいけない』
から
『おもちゃは必要ない』と変換

『この志望校は失敗しそうだ』
から
『志望校ではない』と変換

6-17

選択肢が一本だと、失敗しても責任は伴わないけど
選択肢が多いとそれを選んだ『責任』もついてまわる。

その『責任』を回避するために自ら選択肢を狭めてるってこともあるんだなぁ~とお話ししてて思いました。
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
仕事を辞めるってのも選択肢の一つ

ってのが今朝から降ってきまして。
nayo壊れております。
14年目にしてはぢめての感覚。
失業給付金のサイトを見ちゃいました。

仕事を辞めるわけにはいかない。
から
辞めるのも選択肢の一つ。

そこには仕事をやっていたから見ないようにしていたことも浮上する。

朝からモヤモヤなんですぅ~

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です