最近のぼく

画像1

先日11/1で13歳を迎えた我が家のぢょん君
あたし的には永遠の5歳児と言ってたんだけど、最近やっぱしお耳が遠くなってきた。
そしてちと痴呆もきたかもしれません。

他は健康そのものです。
食欲もあるし、昔のスピードや力強さはないけれど、お散歩も長い時間出来ます。
帰ろうとすると、ぐいぐい外側に引っ張る癖もいまだにあります。

ぢょんはお耳が遠いことを悩んでいるのか?
痴呆が来たことをどう思っているのか?

ノラの本能がそうさせていたのか、少し前まではちょっとの物音で
ビクッって飛び起きていたけれど、今はあたしが帰ってもぐっすり寝ています。
神経が過敏にならずに済んでいるのだから・・・それでいいのかな?

こんなとき思う。
動物たちよりも、人間のケアが大切だって。
人間もちゃんとした心構えがないと、少しの事でオロオロしちゃうんだろうなと。
だからといって、すべてに落ち着いて行動できるとは限らない。

今、ここに縁があり、出会えている奇跡。
誇りに思って、一緒にいられることに感謝。

時を越えて、君を愛せるか?
本当に君を・・・守れるか?
空を見て考えてた、君のために今何ができるか

君にまだ言葉にして伝えてないことがあるんだ
それはずっと出会った日から、君を愛しているということ。

小田和正さんの『たしかなこと』
これはぢょんがあたしのために歌ってくれてると感じてるんだぁ~

『飼い主さんの幸せはぼくらの幸せ』

ぢょんからもらったメッセージを胸に、ボディートーク療法伝えていきます!

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です