憑かれると疲れる

最近お客様で多いのが、疲れている人。
何をやっても疲れが取れず、思考も空回りしてる人。
去年の夏くらいから今年の2月まであたしもそうでした(笑)
何をやっても自分ぢゃないみたいだし、もちろんその間にもいろいろいいことがあるのですが、浮かれているとすぐ現実に戻されてため息…。
そんな時は憑かれているかもしれません。
オバケにぢゃなく、生きてる人。
愛するが故の念だったり、妬みや羨ましさ、コントロールしたい人からの影響はかなりのもの。 親かもしれないし、友達かもしれないし、団体のトップかもしれないし。
知らずにコンセントを刺されてココロやカラダを支配されることがあります。

もちろん、その念を飛ばしている方も意識してる人もいれば無意識にかもしれません。
憑かれた人もわかりません。
でも施術するとあれ?って思えるようになりました。
これはボディートークぢゃありません。直感です。

別に悪霊退散の儀式をするわけではなく、お話してる間にフワッと軽くなった気がするのです。私もお客様も。
もしかして◯◯さんの事意識してた?って聞くと
「そーなの。なんか逃れたくても逃れられない気がしてたー」みたいな(笑)

するとどんどん体調が良くなるって話。

でもこれって憑いた人が悪いのではなく、憑かれる人が弱いから。弱っているから…ご指摘により表現を改めました。
しっかり自分を持って、自分をメンテナンスして、自分を大事にしていれば憑かれる隙は生まれません。
バリアは外側から張るのもいいけど、内側から湧き出るオーラがバリアになればそれ以上のものはありません。

そして、湧き出るオーラに引き寄せられて応援団が現れます!これ、ホント!

疲れやすいなぁ~と思ったら、ぜひご一報ください(笑)

生きてる人の念ほど怖いのです。

image
Facebook Comments

2 件のコメント

  • はじめまして
    ブログ拝見させていただきました。
    私もいろんな問題を抱えボディートークに出会いいろいろクリアにして北中で支配されている所にたどり着きました。nayoさんの書かれている事がとてもしっくりくるくらい自分も相手も気付くことなくずーっとそういう関係を続けていた事は気付いて初めて解り怖いとおもいました。ひとつだけ書かれている内容にお願いがありコメントさせていただきました。 きっと支配される側にもそういった問題がある事も自分の経験上わかりましたが”受ける側が弱い”という表現はまだこういった支配されている方が読んだ場合、自分が弱いからいけないんだ。。。とか自分は弱い人間なんだ。。と思ってしまう方が結構いるんじゃないかと思いました。自分も以前でしたらそうおもって自分を責めてしまうような捉え方をしてしまったと思います。もしよろしかったら”弱い”からではなくさまざまな理由などあるとおもいますが”弱っている”という表現であったらきっと同じような問題を抱えている方は内容に共感できて前向きになれるのではないかなと感じました。私の感覚での意見で申し訳ありません。

  • ポキさん
    はじめまして。コメントありがとうございます。
    そして、貴重なご意見ありがとうございます。
    そうですね、今後表現をあらためますね。たくさんの方が読んでますものね。
    実際お会いするとそんな人間ではないのですが、ブログになると強気になるのです。
    こういったズバスバ表現が好きで私のところで施術をしたいと思ってくださる方も多いので、そのあたりが他の施術士と違うところではありますが。
    でも、こうしてご指摘いただけましたこと心から感謝いたします。
    ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です