その時を楽しむのが役目

昨日は1カ月ぶり
障がい者施設でのYOSAKOIの先生でした。
なんだかみんなお疲れモードだし、風邪気味で、動けない様子。
どーしようか…
それが本当に動けないのか、メンタル的なものなのか、あたしにはわかりません。

でも、とりあえず準備運動だけはやろう。

みんなで大脳皮質のタップと
ひとりヨシヨシ体操。
ヨシヨシ体操はいいですよ。頭の先から撫でていくんです。すると体も温まってくる。

動ける人だけで踊ってみる。
みんなの笑い声や楽しんでいる様子に、休んでいた人が踊り出す。
最後にはみんなで踊れるようになった!

そしてあたしも元気をもらう。

4月、人が動く。
ほんのちょっとのことでもココロが折れることがある。
元気に踊っている姿だけしか見ていないけど、みんな悩みを抱えているようだ。
他の施設に移った人や入院した人もいると聞いた。
YOSAKOIという1時間の中で、みんなで大きな声を出して元気に踊るという行為がどこまでいい影響を与えているかわからないけれど、
あたしにできることは、自分が楽しんで踊らせてもらってる姿を見て踊りたい!って思ってもらうことだ。

他の施設に移らなくてはならない方のお父様からメールをいただきました。

先生、ありがとうございました。
娘はYOSAKOIが好きでした。
みんなで楽しく踊れたことが1番の思い出です。

と。

その1時間だけは、あたしが責任を持って楽しませてあげますから!

image

去年の年末、みんなにプレゼントした笑い文字。
お守りにしてね。

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です