ぢょん・ちゃこからクリスマスプレゼント?会えたね・・・ここで。

先方のプライベート的なことも含むのでちょっとぢれったい言い回しになるかもですが、フィーリング~♪でひとつ。
お写真とかもありません。
イメージ画像でお察しください。

今年の2/19 普段連絡を取らないFacebookのお友達からメッセージが届きました。

某保健所で犬が保護されています。
収容期日が迫っていますので、どなたかご縁があれば・・・

とのことでした。

写真はイメージです。

内容を見るとなんと・・・

収容された日はぢょんがお星さまになった日
収容期限はちゃこのたんぢょうび

これ、ただごとではないですよね。
これをご縁といわずに何をご縁というんだ!って。
でもこちらぢょんを亡くしてまだ一ヶ月も経たぬ傷心の身。
一応おに~ちゃん@主人に伝えたけど

どなたかいい人に巡り合えるように祈っておこう

って。

数日たってそのお友達から里親が見つかったみたい

との連絡が。

お友達にぢょん・ちゃことの(日にち上での)ご縁の話をして、もし可能ならセッションさせてほしいって言いました。
保健所さんに聞いてもらったのだけど、やはり個人情報もあるのでそれは無理だということになり・・・

まあ、あたしが出なくても幸せならいいんだ・・・と思い、その後忙しさもありそのことをずっと忘れておりました。

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

本日某動物病院さんからアニマルコミュニケーションの依頼があり、聞けばワンちゃんの様子がおかしいとのこと。
病的な数値はないのだけど吐いたり、ご飯を食べなかったりしてるらしく、病院に向かいました。

ワンちゃんは保護犬で、引き渡し時は元気で最近になってちょっと弱っているとのこと。
動物病院ですのでいろいろ検査はすれど悪いところは見当たらない・・・云々説明を受けてました。

その子の顔をみて・・・あれ?・・・と。

すると某保健所から引き取ってきた・・・3月下旬ころ。。。とのこと。
聞いていた収容期限とはちょっと違うけど、当時の保健所の掲載ページを見せてもらうと・・・

同じ子でした(写真はイメージです)

別室で二人きりにさせてもらって話をしました。

やっと会えたね!そう聞こえたような気がしました。

しぐさをみるとぢょんそっくり。

腰が悪いのか、ウロウロして座るタイミングをはかるところ。
レントゲンが嫌いなところ。
拗ねてるところ。でも本気で拗ねていないところ。
ちょっと予期不安があるところ。
耳が遠いところ。その他諸々

犬種も大きさも全然違うけれど、今ぢょん入ってるなって(笑)
(ずっと入っているわけではないと思う)

ぢょんでしょ・・・って聞いても返事してくれなかったけどわかったよ。
わしわしとなでてあげました。不安そうな顔も穏やかになってくれました。

まあ、ぢょんと話に来たわけではないので(まじめ)その子とお話をして調整させていただきました。
(内容は割愛)

こうして動物たちは見せてくれるのです。

なぜ、普段連絡を取らない人があたしにメールをくれたのか?
そしてその収容された日がぢょんの亡くなった日で
収容期日がちゃこの誕生日なのか?
なぜ動物病院に引き取られたのか?
具合が悪くならなければあたしが呼ばれなかったこと。
てか、動物病院なのにアニマルコミュニケーションを信じているところに引き取られたのか…


その子とぢょん・ちゃこの連係プレーでつながりました。

何一つかけてもこの出会いは生まれなかったのだと思います。

元気になってくれればな。。。

その子は里親募集をしないで先生の家族として飼われています。
でもそのうちきっとまた呼ばれると思うので会えるんだ。

信じるか信じないかはあなた次第です。

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

ぢょんは出たり入ったり自由に遊んでいます。うちにとどまることなく。
なんかあったら呼んで♪って感じ。自由人。
今回はその子も絡めて、あたし以外の人にこういった世界があるよってお知らせしてくれたのだと思います。

ほっこりプレゼントありがとうね。

Facebook Comments

2 件のコメント

  • 信じます。信じますとも!
    ホントにどれかひとつが欠けてもダメなんですね。最高のクリスマスプレゼントですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    元理美容師、化粧品研究開発・製造工場の工場長を経て化粧品開発経験者のオーナーが処方する家族(愛犬)のためのヘア&スキンケアを担当。 アニマルコミュニケーションやそのほかの自然療法勉強中のnayo。 開店準備から現在のつぶやきまで。すべてがはじめての奮闘記です。 ワンズ・ハーツは動物たちが過ごしやすくなるためのお手伝いをいたします。