ぢょんのキャンペーン最終日にぢょん君病院へ。


ツルサラフワが長続き
犬臭くなりにくいリンスインシャンプーできました。
元理美容師・化粧品製造技術者が
皮膚病の愛犬のために処方開発した
安心安全のシャンプーRera(レラ)

お買い求めはこちらから
ワンズ・ハーツショップサイト


ぢょん君17歳にして初めてのメインイベントだったので緊張したのかなぁ~

17歳と30日ぢょん!

昼まで元気でした。
おやつのパンをミニィと取りあいするくらい。
トイレのために外に出しても家の裏まで走って行ったり来たり。
がしかし、
お昼寝が終わって起きた17:30
なんか元気がない。
目がうつろ。
夕飯もいつもの要求吠えなしでペロペロ程度(完食)
外に出してもうつろ。なかなか戻ってこないので
抱き上げたらキャン!って(´;ω;`)ウゥゥ

そうなるとあたしがオロオロして
アニマルコミュニケーションどころではない。

nayo
どっか痛いとこないの?
ぢょん
全部
nayo
全部ってあんた。手は?
ぢょん
痛い
nayo
足は?
ぢょん
痛い
nayo
なに???内臓とかは?
ぢょん
痛い
nayo
なんなんだぢょん。ぢょん君!!!
ぢょん
全部だってば~

で、おに~ちゃんを待っていつもの

緑の森どうぶつ病院 旭神病院さまへ

犬用リンスインシャンプーReraを置いてくださっています。
大好きな院長先生は手術でいなかったものの、夜間担当の先生が詳しく診てくださいました。
ぢょん君ったらちゃんと★
体重を計ったら11.1kg
1のゾロ目はぢょんからのメッセージですよね♪

レントゲンをみると、背中~腰のあたりの椎間板のすき間がかなり前から狭くて
それをフォローする代わりに骨が変に成長している。
(この年で骨成長って)
今回なんかのきっかけで痛みが走ったのでしょう。
ギックリっぽいみたいな。

あたしはもう内臓破裂でもしてるのかと思いました。。。
(´;ω;`)ウゥゥ
17歳、何があってもおかしくないのはわかっていますが
普通に走る、車に飛び乗る、階段の上り下りができる、ドアノブをジャンプして開ける、ドアストッパーも押しのけるetc.

きっと無理が祟っているのでしょうね。
痛み止めの注射を打ってもらいました。
準備している間

ぢょん、1年以上Reraしてません。
ブラッシングも大嫌い。

ぢょん
ブラッシングしたらぼく死ぬぢょん
nayo
こんな毛してあんた恥ずかしい
ぢょん
ぼくが死ぬか、ブラッシングするかだぢょん。
nayo
わかった。あんた死んだとき、責任もってきれいにする!

そうは約束してたけど、あまりにもひどいから手で抜いてました(笑)
ずっと震えてた。ゴソッと抜けるたびに命を燃やしてたのか…

会計を待っている間、ミニィに会いたいと看護師さん。
ミニィはほとんど、旭神病院には来てないのだが、有名なんだね。
診察室には入らず、院長先生を待合に呼びつける猛獣ミニィ

えへっまた行っていいんでちか?

レントゲンを見終わったところにちょうど院長先生が手術上がりでお声がけをしたら忙しい中丁寧に対応してくださいました。

院長先生信者のあたくしはもうこれで安心♪

こんなひとになりたいです。

あ、でもあたしが手を握ったらそれだけで元気になる人もいるので・・・信者獲得してる(笑)

ぢょん君は痛み止めの注射をしてもらって、お薬ももらって
みなさんに元気だね~すごいね~と言われ家路につきました。
17歳、普通にスタスタ歩くことがすごいことなんだね…
車は飛び乗れるけど、無理させないようにしよう。

そそ病院を出たらちゃんとちゃこさんがいましたよ。

駐車場に停まっていた車のナンバーが222と22

子分を連れていたようです。

護られてるね!ぢょん君。

今朝は元気に吠えてご飯を要求してましたよ。

お散歩禁止といわれながらも、あまりの連れてけ要求にひとまわりだけ。

緑の森どうぶつ病院の皆様、いつもお世話になっております。
病院は今年で20周年だそうですが、そのうち17年通わせていただいております。
そう言った子はどのくらいいるんだろうね・・・

Reraの売れ行きも好調だそうです。

この度はお世話になりました。
これからもお世話になります。


ツルサラフワが長続き
犬臭くなりにくいリンスインシャンプーできました。
元理美容師・化粧品製造技術者が
皮膚病の愛犬のために処方開発した
安心安全のシャンプーRera(レラ)

1ページでReraがわかる
こちらもどーぞ

Facebook Comments

ABOUTこの記事をかいた人

元理美容師、化粧品研究開発・製造工場の工場長を経て化粧品開発経験者のオーナーが処方する家族(愛犬)のためのヘア&スキンケアを担当。
アニマルコミュニケーションやそのほかの自然療法勉強中のnayo。 開店準備から現在のつぶやきまで。すべてがはじめての奮闘記です。
ワンズ・ハーツは動物たちが過ごしやすくなるためのお手伝いをいたします。