『千葉わん』について

先日『ハートママさん』のところのブログに
『これが現実なのです』というタイトルで『千葉わん』のことが書かれていました。

ワンズ・ハーツは何も飼い主さんと飼い犬のきずなだけを守ってはいません
動物たちとともに共存し、ともに向上し、暮らしていくことが根底にあります。
『ありがとう・・・ともに生きてゆこうね』です!

『千葉わん』とは千葉犬緊急救護プロジェクトのこと。
一つでも多くの『命』を救うべく日夜活動している団体です。
各地域にそういった愛護団体はあると思いますが、今回こちらのHPをワンズ・ハーツの左横メニューにリンクさせていただきました。

ちゃこ以外にいる『ぢょん・リンダ・トト』は捨てられていたです。
ぢょんに至っては捨てられて野良犬化していたボーダーとシェルティをnayo実家で保護。野良犬の時の愛の結晶として実家で生まれたのが『ぢょん』でした。

あのまま・・・野良犬のままいたら、ぢょんたちはこの世にいなかったかも知れません。

実家にいたのジョンば~ちゃん(シェルティ・・・我が家は襲名制なのではジョンでした)も動物収容所に連れて行かれるところを引き取ったでした。

このブログを打ちながら、『どうぶつ奇想天外』を見ていましたら、ちょうど「千葉の動物収容所から引き取ったをセラピードッグに」という働きをしている方に特集をやっていました。

年間だけで35万頭の殺処分があるそうです。

人間の勝手で命を消すことは許されないのです。
人間はそのような権利は与えられていないはずです。

全ての命は救えない・・・そういった現実はありますが、命あるものを『捨てる』という行為はどういうものなのか?今一度考えていただきたいと思います。

リンクさせていただいた『千葉わん』のHPには動物収容所の様子もあります。
現実を知っていただきたいです。

かなり前のブログにも書きましたが、人間は『霊長類』です。

れいちょう【霊長】
不思議な力を持ち,万物の中で最もすぐれたもの 人間は万物の~である

―類{るい}
霊長目の哺乳類の総称 哺乳動物で最も高等な種類 人類 猿類
と書かれています。

本当にもっとも『高等』な種類ですか

魂のレベルは確かに猫や犬よりは現在上位になっています。
ただ、そのレベルにも入れ替えがあります。かつては犬や猫より『猿』が上位でした。でも『種』として怠けがあったために現在人間の下はと位置づけされています。
『種』としての怠け・・・人間も例外ではありません。
一人ずつの精神の下落が『種』としての怠けになり現在の社会のゆがみや異常気象をもたらしているとしたら?
人間よりはるかにピュアな動物たちが人間の上に来る時代もあるかもしれません。

人間に命を消す権利は与えられていない!
霊長類は霊生類の名に恥じぬよう・・・生きていこうではありませんか?

Facebook Comments

4 件のコメント

  • 「千葉WAN」のご紹介、リンク貼り付けありがとうございました
    数知れぬ子達を保護した千葉WANのボランティアスタッフさんが、まるでため息をつくかのように漏らしていた言葉があります。
    「盲導犬のように人のために働くもいれば、その人間によって捨てられるもいる……運命なのです。」と。
    人間、なんと罪深いのでしょう!
    動物収容所の様子を見て、人間でいることに恥ずかしさを感じました。
    心の底から悲しくなりました。
    と同時にぢょんちゃんのこと、我が家の1頭目ターレスの最後、4頭目ジュピターの最後、ハートっ子のだいちゃん(超未熟児で生まれ皆より一足先にお星さまになりました。)……色んな運命を、命をグルグルと考えました。
    書きたいことはたくさんあるのですが、また時数オーバーになりそうなので
    いかなる命もこの世にあるものは決して無駄ではなく、尊重しなければいけないものなのです。
    私たち人間は全ての動植物達と幸せに共存すべくこの世に与えられたのではないでしょうか?

  • 「どうぶつ奇想天外」を私も見ました。
    霊長類は霊生類の名に恥じぬよう・・・本当にそうですね。
    番組の中で愛護センターから救い出す子を選んでいた方は、大木トオルさんです。
    日米で活躍するブルースシンガーにして国際セラピードック協会の代表です。
    大木さんは救い出す子を選ぶ際には毎回たいへん辛い思いをなさっているそうです。
    私は、大木さんの著作・CDについてアマゾンにカスタマーレビューを書いています。
    私が書いたレビューは現在14作ありますが、
    その中から「名犬チロリ」と40周年記念CD『Singin’ the America』をご紹介します。
    ご覧いただけば幸いです。
    http://www.amazon.co.jp/gp/product/483871453X/ref=cm_cr_thx_view
    http://www.amazon.co.jp:80/gp/product/B001NWK6XU/ref=cm_cr_thx_view
    これらは国際セラピードック協会でもグッズ欄で販売していますし、
    ここから購入すると寄付にもなるらしいです。
    http://www.therapydog-a.org/index.html

  • ハートママさん
    コメントありがとうございます。
    この手の話になると、私達夫婦は『ハムラビ法典~にはを』になってしまうので
    そんな身勝手な人間、同じ事をしてやればいいんだになっちゃいます。
    同じように、1日づつ『死』に向かう部屋で飼い主を待ち、寒さや悪臭に耐えそして死を迎えるつらさ。
    いらなくなったという理由で自分が捨てられたら…
    でも動物たちはそれを理解するんです。自分にとって必要な死だと。
    自然界に生きてきた彼らにとって、人間と暮らす事で得た喜びもあるでしょうが、それは私達も同じ。
    人間たちに命を奪う権利があるなら彼らにだって同じことをする権利がある。
    でも彼らの優れているところは
    自分で手を下さないところ。
    自然の摂理、カルマ、自分で蒔いた種は自分で刈り取るということを理解している。自分たちの理不尽な死は必ず報われ審判が下るということを。
    『種』の責任は個人レベルではなく、『種』全体に判決が下される。
    もはや人間はそうならないと、改めないかもしれませんね。
    バナーを貼る行動は小さな事ですが、ひとりでも多くの人の目にとまればと思います。

  • ムーンライトさん
    コメント&情報ありがとうございます
    最期の部屋から『選ぶ』という作業は身を切り裂かれる思いだと思います。
    日本の愛護センターは『死』を待つ施設です。
    アメリカやカナダのように『生かす』動物シェルターを政府の支援のもと…というのは日本では無理なのでしょうか。
    でもそのような施設があると『捨ててもよい』という意識の人間が増えるのも事実。
    いたちごっこなのでしょうか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です