もっとオープンに

b4dbd299.jpgたかすの丘どうぶつ診療所さまにお世話になるようになったきっかけはReraぢゃなくって『トト君』でした。

ぢょんの兄弟、ジュニア君の紹介でReraではもっと前からお世話になっていながら、行き着けの病院があったもので…

去年の3/1にトトを保護しました
で、行き着けのに連絡しました。
一応『里親募集ボランティア』なるものがあったので、安心してお任せできるかなと。

まぁトトが痩せほとっていて、病気も心配だったので一刻も早くに連れて行きたかったのですが、『拾ったんですが…』のを入れたら担当のスタッフが手が放せないからと、折り返しの待ちでした

それでも一向には来ず再度こちらから

そこでね、悲しいお話が。

『里親に出したら、一切とは関係ありません。どのような飼い主さんにもらわれたかもお話できませんし、貰い手が現れなければ保健所に行くということも了解ください』

え~

オーナーはトトを一刻も早く見てもらいたかったから、待たされた事にキレたんですが、私は

一度は関わったコはどうなったか心配するのは当然だと思うのですが…そこから飼い主さんとの交流が出きるかどうかは別にして…

そして結局はぢめてたかすの丘さまを訪ねたのですよ。
まぁその時には里親の話はしなかったですがね。

今は立派な家族の一員です

たかすの丘さまのHPを覗くと時々『里親募集』の掲示がされています。

一緒に『命』を考えてくれる素敵ですよね。

情報公開はいろいろ問題があるとは思いますが『きっぱり』遮るのはとても寂しいです。

命のバトンをどうか見届けさせてください。

Facebook Comments

2 件のコメント

  • こんにちは・・・・・
    家も、あのです。
    最初は職場の近くの
    でした
    そこでは、と暮らす基本的なことを
    教えていただきました。
    なんでも、解りやすくハッキリと
    そのことについては、今でもとても感謝しています
    でも、体調を崩したの状態が思わしく
    よくならないので、今のをたずねたわけです。
    今みたく大きくなるまえからお世話になっているのですが、あの頃は
    スタッフ全員が
    患畜さんのお名前はもちろん、状態なんかも把握してくれていたと思うのですが、今はチョット違うような気がしてます。
    私も、先日、ご飯のことで担当の方と
    直接お話したくてしたのですが
    に出る方それぞれ言うことが違い結局、担当の方とはお話できませんでした
    の設備、Drにはとても満足しているのですが
    イマイチ心が満たされないのは、どうしてなんでしょうね。
    あまりにも
    大きくなって
    私が求めている
    『Dr&スタッフの皆さんとの』の
    ふれあいが、チョット違うのかもしれません。
    大切な、わが子達 のことなので、最近色々と考えています。
    そう確かに、一度わが手にした
    行く末を思うのは誰しも同じだと思います。
    もう少し、
    保護した方の身になって
    お話していただきたかったですね。

  • たろママさん
    コメントありがとうございます
    うちも8年前、日曜日にぢょんが骨折してどこのでも見てくれず、唯一『すぐ来てください』と言われたのがそのでした。
    今でも本当に感謝しております
    でもやはりDr.が複数いるというのは所見も違うので最後のほうは首をかしげることが多かったです。
    大人気の院長先生は予約でいっぱいだし。
    そう!昔は受付のおね~さんが出先であってもお声をかけてくださいました。
    それだけ『つながり』って大きいですよね。
    設備はピカイチだと思います。
    夜中まで見てくださるし。緊急の場合はDr.が代わってもそれほど気になりませんが、ちゃこの皮膚病で長くかかっていたときにはやはりステロイドイチオシの先生がいたり、アレルギー検査イチオシの先生がいたり・・・。
    受付の方達もね~すっかり代わっちゃって。
    『たかすの丘どうぶつ診療所』様はいいですよ

    治療方法を納得行くまでお話してくださいます。
    Dr.もホリスティックに目覚めたみたいですし
    一度携わったらね『いい飼い主さんにもらわれていきましたよぉ~』この一言で救われるんですよね。
    でもあの動物大好きの院長先生はこの事実を知らないということを願います。院長先生の指示ぢゃないことを!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です