知識と能力

2b6f6e66.jpg先日『レイキ』の先生とお話(泣いて笑って握手して…を参照)してから、気持ちにかなりのゆとりが出来まして

必要とそうでないものの選択が出来るようになった気がします

昨日降ってきた(笑)言葉に
『人間に必要な能力ははぢめから備わっている。備わってない能力は必要ない』
って事でした

久しぶり降りましたね(笑)

私が取得した『レイキ…靈氣』いわゆる『手当て』は本来誰でも持っている能力で、それに気づき、より有効に使う『知識』を得たのだと思うようになりました。

んぢゃ『と会話が出来るようになる能力開発セミナー』に数ぢゅ~万円かけて行くかということになると、
と『人間の言葉』で話す能力はない=話す必要がない
って事なんだと。

と人間同士のように普通に話せたら楽しいかも知れません。病気の時にだってきちんと言ってくれるかもしれません。

でもね

人間は言葉を重視するあまり言葉だけを信じる傾向にあります。
『言ってくれなきゃわからない』
(コレまさしく今のnayoですな)となってしまう。

…他の動物たちは真剣に私たちと向き合ってくれています。だから言葉はなくてもを見て、ナデナデして、コミュニケーションを取りなんとか『解ろう』と努力します。

その『解ろう』とする思いが必要であり、言葉がわかる能力は必要ないんだと

アロマテラピーとかホメオパシーとかごはんの栄養とかのお勉強は『知識』必要なものを習得すればいい。

その『言葉がわかるセミナー』を『能力開発』と取るか『知識』と取るかはそれぞれの考えだと思います。
けど…この線引きが実は難しいんですよね


余談になりますが、『天使とつながる。神様とつながる。ご先祖様、守護霊とつながる』ってのは本来なんの能力も儀式もいらなくて、常につながっているものだし『力を貸して』とか『守って』と願い、祈ればさらに強く繋がるというものだと思います。

守られているからすべて上手くいく訳ではなく、そこに学びをさせるために『あえて転ばす』事もあるんだと

頭の中に

『すべての事には意味があり、すべての事は良い事につながっている』という言葉があれば、転ばされっ放しって事もないし、タダでは起きないっていう強い精神も生まれて来ます

限りある命をいかに『生き抜く』か
人間・動物などの『種』としていかに充実させるかが今世の課題であるんだと…nayoは思います

『人間だもの』
神様ぢゃないんだもの…だから学べる楽しさがある

と書きながら、σ自分に言い聞かせ(笑)

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です