何事もほどほどに

ホリスティックケア・カウンセラーの教科書を復習しております。

栄養学のところで、『活性酸素』は全ての病気の根源
と書かれていました。
ホントにそうかなとWikiってみたら、
『外部から入り込んできた異物(微生物)を排除する事ができる。白血球などの好中球やマクロファージが体内の異物や毒物をを認識し取り込み分解する事は知られているが、この時に細菌などを分解するのに活性酸素が働いている』

一方
『細胞内の酵素で分解しきれない余分な活性酸素は癌や生活習慣病…の原因』とやはり書かれていました。

要はほどほど

何事もそれだけに没頭しちゃうと信者になっちゃうんだろうな。

いろんな自然療法やエネルギー療法を勉強させていただいていますが、私の信念はいいとこ取りの『信者になるな』です。
エライ人に『こう~なさい、あ~しなさい』と言われても、一歩下がってホントかどうかを確認出来る『心の』を持ちたいですね。

世の中は情報操作時代です。
翻弄されないように、しっかりと

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です