出来る範囲で精一杯

nayoの座右の銘
『すべてのことには意味があり、すべてのことは良いことに繋がっている
の他に
『出来る範囲で精一杯』というのがあります。
この言葉が座右の銘に加わったのはいつだろう・・・何きっかけだっただろう・・・
ブログを検索しても見つからなかった。
ライブドアブログの前のブログだったかなぁ~mixiだったかなぁ~

で、少し前から『出来る範囲で精一杯』という言葉を自分できちんと示さなくてはと思っていました。
出来る範囲・・・というのは他人が決めるのではなく自分基準。
他人がその程度?と思ってもOKなんでしょうな・・・でもnayoは自分にも厳しいけど他人にも厳しいから
ここがnayoのダメなところだ。
でも『出来る範囲』は自分を甘やかすのではなくって、あらゆる面から総合して決めてほしい。
そして、伸縮性があってもいいのかなぁ~とも思います。

コトnayoの精一杯は仕事のことであったり、家庭のことであったり、人生のテーマだったりします。
『動物たちを癒す』がnayoのテーマになってから、漠然と動物たちをとらえるものなのか、自分としてはどうしたいのか…が判らなくなってきていました。
その判断基準がちょっとだけ鮮明になりました。

それは先日のブログ『拾う神』で
地球生物会議ALIVEさまのHPを見たときのこと。

なんてすばらしい活動なんだろう…と思いました。
賛同して『ご参加・ご支援』をポチっとしようと思ったんですが…nayoには出来ない項目がありました。
『動物園』の項目と『家畜動物』の項目です。
ワンズ・ハーツのある北海道旭川市は『旭山動物園』で有名になりました。
ここでは単に檻に入れての展示ではなく、行動展示を基本としています。動物たちが自然に近い形で行動する姿を見てもらおうと・・・そして、入場者数が全国一位になるまでになった誇るべき動物園です。
そしてnayoの昼間の会社は『食肉加工卸』の会社です。
・・・だからね、動物たちが可哀そうだからと言って食肉反対!と会社を辞めたり、動物園反対!とは行かないんです。
nayoはお肉も頂きます。というか大好きです。ぢょん・ちゃこのご飯にもお肉が入ります。
出来るのは『感謝していただく』ということです。
自分の命は他の動植物の命の上に成り立っていることを、常に忘れず『感謝していただく』こと

動物を癒す・・・と言っても結局は出来る範囲が決められます。
毛皮や象牙のための乱獲は禁止。でも焼き肉は好き。矛盾しているかもしれませんが、それでも『動物を癒す仕事』がしたいんです。
だから都合がいいことかもですが『出来る範囲で精一杯』
違うかなぁ~
まずは家族をちゃんと形成しなくては・・・アハハ

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です