I’LL BE BACK

極寒のワンズ・ハーツ地方より、メリークリスマス

なんてったって、今朝はマイナス25度を表示。
さぶっ

今nayoの頭の中はあの
『キル・ビル』のテーマ曲が@HOTEI×RIP SLYME
別に復讐の旅に出るわけではないのですが、まぢ
完全に無敵モードなのです。
強いからこそ優しくなれる。
優しいだけではダメなんです!

理由はコレ

なぜか『NLP 神経言語プログラミング』という文字に導かれ調べ始めたのが10月。
そこから本を読み、コレ三冊目です。

一冊目は

これで、なんとなくNLPがわかり、
二冊目

これでNLPってのはコミュニケーションを上手く利用するってのを学びました。
でも自分のためにNLPを・・・という人は


願いがかなうNLP  山崎 啓支著

BodyTalkは『意識』をもとにした21世紀のエネルギー療法と言われています。
で、上級セミナーで『意識』についてみっちり三日間受講するのですが、なかなか理解できずにいました。
でもこの本を読むといかに『意識』は重要か?
『意識』を味方につけると無敵なのか?などのほか
なぜ願い事は『完了形』がいいのか?
逆になぜ必死に願っても願いは叶わないのか?
すごくわかりやすく書かれています。
ひとつヒントを
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
ちゃこが骨肉腫の診断を下された時、
nayoがいままで勉強してきたことは全く『ムダだった』と悲観的になりました。
ちゃこが身を呈して教えてくれたことが何一つ生かされなかったと責めました。
BodyTalkを使ったって、治らないぢゃないか!
どうせこのまま勉強したってダメなんぢゃないか・・・と。

でも今無敵のnayoなら

その積み重ねで今があるんだ。
ちゃこのお陰様でたくさんの人たちと出会えた。
たくさんの動物たちと飼い主さんをつなぐことが出来た。
天国へ行く人をいざなうことが出来た・・・
やっぱり私が進むべき道はこれなんだ!と。
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
過去の出来事は変わっていませんよね。
ちゃこが身を呈して導いてくれたことは同じ。
ただ考え方が変わっただけ。
どうして考え方が変わったか。
その悲観的な立場の時と無敵な立場の自分の状況。
イマココの状況が過去も未来も変えてしまうんです。

確かに絶望の渦中にいればなかなかそんな考えが出来ないかもしれません。
でも復活の方法はそんなちょっとの意識の使い方なんです。

だから、BodyTalkを施術する時にも『意識』に重点を置けばすごいツールになること間違いなし。

無敵のnayoは皆様に生かされて無敵になるのです(・∀・)つ
今日、来年の活動方向が見いだせるご連絡をいただきました
♪わーい♪o(・x・o∪ ∪o・x・)o♪わーい♪
I’LL BE BACK
近いうちにご連絡出来るかもしれません。
まぢでワクワク*:.。☆..。.(´∀`人)

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です