うまく付き合いながら成長していこう

昼間の会社の昼間の話

休憩室でお腹が痛いとパートのおばちゃんがうずくまっていた。
パートさん仲間は、ほら下痢止めだ、ほら整腸剤だ、腹痛に効く薬と出してくる。
中には『あんたいっつもそんなんで休んでるしょ。甘いんだよ』って感情も伝わってくる。
確かに体が弱い方で、仕事に就くのは無理なんぢゃないかって思う。
下痢は理由があっての下痢だからホントは止めちゃいけないんだよね。とちらっと思ったけど口出しせず。

とか言いながら、nayoはめっちゃ薬依存です。
早めの○ブロン♪なんてすぐのんぢゃう。
頭痛かったらすぐ鎮痛剤、だってぇ~仕事休めないんだもん!

『体のメッセージを聞きましょう。』ってよく言う。私も。
でもさ、実際問題それくらいで休めないっしょ。
『休めない!って思っているのはnayoさんだけで、休んでいいんですよぉ~』と言われる。
いやわかるけど。

そこで、
『なんで、こんな時に風邪ひくのさ!』
とか
『いや~踏ん張りの利かない体で嫌んなる!』
と思うのと、
『はい。よくわかる。言いたいことはよくわかる。でもも少しがんばろ。週末はゆっくりするから』って言い聞かせて薬飲むのとは違うと思うんですよ。

自然療法家ですけどなにかσ(´ω`*)

いやいや本当のことを言えば、体は正直なので
症状が出るってことは何らかのメッセージです。
体と向き合って、きちんとそのメッセージを受け止めたら症状は治まります。
でもこのご時世、会社組織の中に入るとシフトもあるし、自分が抱える仕事もあるし、もちろん影響先を考えると自分本意ではダメよね。
『ダメって思うのはnayoさんだけであって、ダメぢゃないんですよぉ~』と言われる。
いやわかるけど。

そんなこと・・・そんなことでも重要な場合もあるのです・・・
世間一般では・・・世間一般が間違っていることもあるのです・・・

と、いつもこの手の話は堂々巡りです。
どちらの言うこともわかるし、自分もその立場にあります。

『無理をせず、自分の稼げる範囲で生活ってできるもんです。。。』
わかります。
でも家のローンはどうするんでしょう。
『必要ならそれだけのお金は入りますし、必要なければ手放すことです』
家を手放すってことは残ローンもあるし、払えなくなったら自己破産です。
『必要なら免れますし、必要なければそうなるでしょう』

言うは易し、です。
でも究極の事をいうと、そうなんですよね。

話を元に戻すと、体のことに関して言えば、本当に必要な体のメッセージなら抑え込むと奥に入り込みます。
病気は体外に出してナンボですから、それを抑え込むと絶対奥に入っていきます。
そしてその奥で病気を発症します。

こんなに具合悪くてずってでも這ってでも会社に行かなきゃならないなんて・・・辞めたい!
でも無視して無理して行ったら、いつかは辞めなきゃいけない病気になる・・・みたいな。

自分の夢を叶えるために仕事辞めたい!
でもしがみつく自分がいる。
辞めざるを得ない状況になる・・・みたいな。

それをいつの時点で気付くか。

と自分に言い聞かせてみる。

nayoの独り言でした。

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です