いざRera(アイヌ)の聖地へ マタギキャンプinアイヌモシリ 其の3

いざRera(アイヌ)の聖地へ マタギキャンプinアイヌモシリ 其の1
いざRera(アイヌ)の聖地へ マタギキャンプinアイヌモシリ 其の2

結局その3までなってしまった(笑)
一睡もせずに過激なエ◎トーク・・・いやいや
火守をしてくれたお三方。
あたしはぐっすり寝かせていただきました。
ずっと猛暑続きで、ヘバヘバでおりましたゆえ。
おもむろに起きだし◎ロトークに参戦。
まだ数名しか起きていなかったけど・・・

で、ここでまじめな話です。

このマタギキャンプはアイヌの精神を学ぶキャンプであります。
現代においては避けて通りたい話もたくさんあるのです。

マタギ=狩猟です。
要は命を・・・きれいに言えばいただく。
平たく言えば命を奪うこと。

アイヌの精神はすべてに神様が宿るから、その恵みをいただく際に感謝をして神に返す。
そしてまた人間の前に来てくださるようにと祈る。

命をいただく現場を間近で体験させていただきました。
あたしは自己紹介で『動物と話をする』と言っていたので実行委員の方があたしに聞いてきたのです。
(エ◎トークの合間を縫って)

「命を奪う現場を間近で見て大丈夫でしたか?動物と話をするって言ってたから、何かキャッチしちゃったんぢゃないかって心配したもので」
と。


だから私たちは生かされていると感謝しなければならない。
たくさんの命の犠牲の下
それは動物ぢゃなかったらOKとかではなくて、魚、植物もしかり。
たくさんの命をいただいて私たちは生きている。
そして、まだまだ動植物たちは人間への尊敬の念があるから、命を差し出すこともいとわない。
そんな思いもきちんと背負いながら、生きていかなければならないんだ・・・と。
動植物と話をするとき、もちろん人間もだけれど、いろんなチャンネルがある。
お散歩コースが嫌いだ!ご飯を変えてくれ!あいつは嫌いだ!といった俗の部分とつながることもあれば
自らを犠牲にしてでもなお、他を生かす思いにつながることもある。
すべての動物がその時に命乞いをするわけではないのだ。
人間は生かされている身として、感謝をし、叡智を集結して地球を守らなければならないんだ。
そんなことを話しました。


これ、春のセミナーでお話したこと。

いつまでも憧れの存在で居られる様に人間も頑張ろうよ。


この雲は鳳凰ね。

イメージデス

みんなで山を散策し、朝ご飯を食べて解散。


nayoさ、いろんなものが剥がれ落ちて帰ってきたよ。
そしてまたこの地に戻って来ようって思えた。
マタギキャンプinアイヌモシリのスタッフの皆様。
参加された皆様。
温かく迎えてくれた、
タカちゃん、Natsukoはん、忍さん
心から感謝。
私のやっている活動がさらに確信に変わったキャンプ。
ありがとう♪

長きにわたりのキャンプ報告はひとまずおしまい!

Facebook Comments

2 件のコメント

  • キャンプ、北海道も暑そうですが、良いですね
    色んな事が学べるって早々ないですよね。
    ひとところに留まって居てはダメですね。
    何か変わりたいとは思うのですがなかなか…自爆
    生きてるって勉強の日々ですね。

    • 由香さん
      まぢあぢゐです。連日の30度越えだったのに、今日は半袖では寒かったの。
      体調崩すよな~。
      あたしの場合はたまたま今の学びが北海道ってだけで。
      本来は朝露からでも学べることがあるので、どこにいても日々是学問です。
      でも~~~北海道いいですよ~。ぜひいらしてください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    元理美容師、化粧品研究開発・製造工場の工場長を経て化粧品開発経験者のオーナーが処方する家族(愛犬)のためのヘア&スキンケアを担当。
    アニマルコミュニケーションやそのほかの自然療法勉強中のnayo。 開店準備から現在のつぶやきまで。すべてがはじめての奮闘記です。
    ワンズ・ハーツは動物たちが過ごしやすくなるためのお手伝いをいたします。