ボディートークの交流会

398df351.jpg
ちゃこさんの写真に意味はないのですが
 
昨日は2ヶ月に一度の、北海道ボディートーク交流会(勉強会)でした。
 
片道二時間半かけて江別市と言う『大泉洋』ちゃんが生まれた場所に行きました
 
ボディートーカーとしての情報や悩みを交換して、お互いの技術向上の為の勉強会です。
私はまだまだ駆け出しですが、私自身、この自然療法でかなり救われたので、もっと勉強して広めて行きたいと思いました。
 
 
最近、動物たちの病気や身近な人の突然の病気などを目の当たりにして、何も出来ない無力な自分がいました。
 
病気と『闘う』姿勢ではなくて『向き合う』中から自分なりの回復を見つけると言うのが一番『楽』なのではないかなと思いました。
 
一旦それを受け入れると、新しい発見が見えてきます。
そのお手伝いが出来ればと思います。
 
私はほんの一年前には『動物たちが幸せになれば』と勉強してきました。
でも『家族』として一緒に暮らす動物たちは『飼い主さんの幸せ』が『僕らの幸せ』という事がわかりました(ぢょんからのメッセージ
 
飼い主さんがもう少し、生きるための肩の力を抜いてバランスの取れた生き方が出来るように。
その中で飼い主さんと動物たちのバランスが取れたら、みんながハッピーになれると
 
そんなお手伝いがしたいです
 
ボディートークの練習をさせてくださる方はたくさんいるのですが、何せ場所がありませんの。
に簡易ベッドを置いて…と思っているのですが、ぢょん・ちゃこがきっと大興奮でセッションにならないと思われます。
 
お客様がいらしても動じないぢょん・ちゃこではありません。お客様は皆さん『わたったちに会いに来た』と思うので
 
何か方法を考えねばね。
 
目標はワンズ・ハーツ、ドッグランつき工房つきのヒーリングサロンです
 
宝くじが当たらなくても、夢は実現しますように


Facebook Comments

2 件のコメント

  • 北海道で片道2時間半、それはかなりの距離ですね
    でも、それだけかかっても行かせるだけの何かを持ってる勉強会なのでしょう。
    目標に向かっての一歩ですね
    私は今までの子達の病気、介護、死にざまを見て、悩みもがいて来ました
    それは私があの子達の苦しみを少しでも取り除いてあげたいとの思いからのもがきであり、苦しみだもあったような。
    人のエゴなのでしょう。
    それが分かって、ボディトークと出会って、じゃあどうしたらいいのか、何が出来るのか?またまた悩んでしまいました
    ホント、良く悩むヤツで
    でもね、nayoさんとお話させて頂いて、ハートを見てて
    そうなんです、ワンコは飼い主が幸せであることが一番の幸せ
    だからこそハートは私をボディトークに出会わせてくれたのだと思えました。
    今は見えない力に背中を押され一歩ずつ歩き出し始めた感じです。
    ワンズ.ハーツ、ドッグラン付き工房
    付きヒーリングサロン出来たら必ず行きま~す

  • ハートママさん
    コメントありがとうございます
    私は恵まれていますね。
    片道二時間半かかっても、志を一つに出来る仲間がいることを実感出来るんですもの。
    さてさて。
    何事も信者になるなですよ。
    ボディートークが例え優れていても、私は『愛念に優るものはない』と考えています。
    それは絶対相手の真我に届いている。
    そりゃ家族ですもの『治ってほしい』気持ちはあって当然
    でも『私が治してあげる』とか『楽にしてあげる』というコントロール概念が施術側にあったらそれはエゴ…というか、適切な判断が出来なくなるという事ぢゃないかと。
    流れに逆らうのではなく、流れに乗る。
    いい流れを引き寄せる。
    そうやって人生はうまく行き着くのではと思います。
    施術する側になるといろいろ勉強するから悩むんだと思いますわ
    私もちゃことおに~ちゃんの事が無ければこの年になってあんな膨大な勉強はしませんわ
    そして大事なこと。
    相手や周りを癒やす前に、まず自分。
    それが『飼い主さんが幸せなら僕らも幸せ』に通じますから
    を買う前にの中片付けて、即席サロンを作ろうかと思案中ですわ。
    楽しい

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です