そろそろ予防医学にきりかえを~

ワンズ・ハーツにお誕生日登録をされているお客様には、お誕生日カードを送らせていただいています。
でも、カードを書く前にブログなどで確認すると・・・お星様になっている子が時々いらっしゃいます。
そういえば・・・去年のReraが最後だったなぁ~とか思い起こすのですが…

重篤な病気になる前に、人間も含めた動物たちはなんらかの症状が出ます。
そこでケアしないと、もっと奥深いところまで病気が進行するんです。
皮膚病もその一つ。
本当に単純にフケ症なのかもしれない。でもその奥に潜んでいるのはもっと深い病気かもしれません。

ちゃこのためにReraを作りましたが、Reraだけでは皮膚病は完治しませんでした。
『Reraをもってしても治らないものは他に原因がある
手前みそですが、これだけ優秀なReraを持ってしても治らないのなら原因は別なところにあるんです。
そこで手作りご飯にしたり、ホメオパシーだったりホモトキシコロジーだったりに手を出すnayo

こちらをご覧ください『五臓の色体表』

これ、見ていくとおもしろしですよ。目が病んでいたら実は肝臓が・・・っていう表です。
そこで目が病んでいるからといって眼科だけで済ませていいのかな~ってことです。
肝臓をケアしてあげたら自然に目が治ることがある。
『症状はありがたい』んです!

話がそれましたが、脾臓摘出のお話をよく聞きます。
脾臓って簡単に摘出していいんだぁ~って思う。人間の身体も動物の身体も不必要なものはないんですよね。
脾臓はリンパ循環のセンターで、免疫力を高める臓器です。
そのほか造血機能、古くなった血球の破壊や血液の貯蔵機能があります。
そんな脾臓を取ってしまったら・・・
とはいえ、破裂寸前ですと言われたら摘出もやむを得ないのかもしれません。
ですから
『予防医学』
そうなる前に、そうならないように体質改善していくんです。
デトックスしかり、食べ物しかり。そうなる前にもうちょっと勉強してみませんか。
対処療法だけでは完治・治癒されません。

私はホリスティックケアを前面に出しながら、フードを勧めるショップは納得できません。
手作りご飯の良さ、面倒くささ、フードのメリット・デメリットをきちんと説明したうえで、お買い求めいただくなら結構!
簡単フードだからこうやってペットとして愛情を注がれる子たちがたくさんできたのも事実。
でも怖いのはやはり添加物。フードはインスタントラーメンのようなもの。
長年食べさせていたら、絶対添加物が溜まってくる!人間だって、簡単だからと言って毎日インスタントラーメンは食べないでしょう。
確かにフードだけでも何でもない子もいます。きっとぢょんはだいぢょうぶな子
でも手作りご飯にしてから・・・デトックスをきちんとしてから、目の輝きが違います!

な~んっていっても、nayoは獣医ぢゃないし、なんか説得力がないんですよね。
いまそこが悩みの種。
私はちゃんと前に進めているんだろうかと…
ぢょん・ちゃこが元気でいることが、きっとアピールなんだと思います。

すみません・・・取りとめのないブログでした。

そんなnayoがちょろちょろ勉強している
ホリスティックケアはこちら『癒しの里 青蓮庵』

Facebook Comments

2 件のコメント

  • 私も色んな事してるつもりなんですけど専門家じゃないから、本当のところ良くわかりましぇん
    でも、普段から予防してあげることはとても大切な事だと思います。
    基本は、人間も動物も同じですよね
    正真正銘のずぶの素人ですけど素人なりに出来ることを出来る範囲でしてればいいかな?って最近は感じてます。
    専門分野はチラッと覗いたらとても太刀打ちできそうになかったので、それはもう専門家に任せよう~って。
    何でもそうだけど、やはり精一杯自分らしいのが一番かな?

  • ハートママさん
    難しいblogにコメントありがとうございます。
    きっとどっちも正解なんだと思います。でも2つが合わされば『2』以上のものになるんだと思います。
    そもそも専門家だってオールマイティーではなく、自分の分野なんだと思います。
    だって未だに『素人が手つくりご飯だなんて』とか『皮膚病にはステロイドしかないです』とかで平気でいうDr.がいますからね
    西洋医学だって発展してるんだから無駄な事ではないだろうし。東洋医学だけではまかなえない事もある。
    1+1=2以上の成果を期待しましょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です