この思い『絶対』大事!!!!

先日もご紹介いたしましたが、
nayoが崇拝している『手作りご飯』でおなじみの
須崎獣医師がご自身のブログの掘り起しを行っています

当初のアップ時期は長期間に渡っているものの、なぜ今アップ
とシンクロする内容が多いので、皆様とシェアしたいと思います

基本人間も動物も同じだと思っています
(須崎先生はコピペ大歓迎派
手作り食+体質改善で悪性リンパ腫が完治!

そんなこと言ったってお宅のちゃこちゃん救えなかったぢゃん・・・

そういった声も聞こえてくるかもですが…

神因ぢゃない病気は必ず治る!
私は確信しています。
人間も動物もその人その子の役目があります。
それは生きているうえで経験しなければならないことだと。
それは死に様も。
でもみんなその『死』に立ち向かいます。
その症状や生きづらさが『神因』ぢゃないかもしれないからです。
『治る病気なら治る』
そこにいろんな要因(身に見えない力)などが働いて逆に言うとカルマ(業)を持った『治らない病気なら治らない』のかもしれないと。
でもその病気が『治らない病気』かどうかわからないし、すこしでも治してみせるという支配的な思いがあるから『出来る範囲で精一杯』やるんだと思う。

それでダメならその死に様が何を教えてくれたのか、理解するしかない…

朝から語ってしまった

Facebook Comments

4 件のコメント

  • 動物も人間も同じですね!
    夫のがん治療にも言えることです。
    病になったのにはなっただけの訳があり、その生活習慣を改め食生活を徹底的に良い方向に変えると免疫力が上がって病気の発生源を抑えられる・・そんな体験談を数多く聞いてます。そういうラッキーな患者さんを通ってる病院では「治ったさん」と呼んでいますよ。
    だから私も頑張って食生活をサポートできるように勉強中です(*^^)v
    病を得て失ったものは多いけど得たものも数多くあります。
    プラス思考で「きっと良くなる!」って信じる気持ちもきっと戦う大きな力になりますよね!
    ワンコの場合、自ら信じることができないなら飼い主が変わって念じてあげることもできますね。
    ラルもちゃこちゃんもちょっと病気の進行について行けなかったのは残念だけど・・それはそれなりに何かの導きだったのかも。。

  • ジョンの死に様は素晴らしかったなぁ。長男長女と電話で声を聴いて、次女の帰りを待ってから。あの時のこと忘れません。

  • ラルママさん
    コメントありがとうございます\(^o^)/
    『治ったさん』いいですね。
    本当に病院選びも大切ですよね。一方的に切り捨てられたり、選択肢を与えない病院が多いですから。
    生活習慣を改めてより良いものを摂取すると身体が喜ぶから、免疫力が絶対上がります。
    手前味噌ですがBodyTalkも有効ですよ。
    ラル君もちゃこさんも、ほんの少し病気の方が強かったのですね。
    確かに残念ですが、残したモノは大きいです。

  • RUBEさん
    コメントありがとうございます\(^o^)/
    うちの歴代の犬猫も、最期はドラマがありました。
    そのメッセージを紐解けば本当に動物たちが、飼い主を愛し、自身の思いを伝えてるのがわかりますよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です