ピアノ生演奏の中でのセッション♪

昨日、Natsukoさんたちが帰ってから
nayoはBodyTalkのセッションのため、お宅訪問。
こちらには何度かお伺いしています(。・ω・)ノ゙
素敵なご夫婦と、天真爛漫な兄妹がいらっしゃる。
そして、素敵なおうち.。゚+.(・∀・)゚+.゚

『今回はお友達親子も呼んでますよ~
あと、ピアノの先生も!』とお聞きしてました。

セッション的にはなんと
お子様4名、おとな4名の計8人(*’-‘*)

実はそのお宅にこのたびグランドピアノが入りまして…
防音設備完備のお部屋にデーンとGP

そこで先生が弾いてくださってました。
そそ、ドアは開けてらしたので、ピアノの生演奏を聞きながらのセッションでした。
あら、優雅オオーw(*゚o゚*)w

今回お誘いいただいた奥様のセッションをしているときの話。
セッションの核心の部分で
Σ(‘◇’*)エェッ!?
ショパンの『革命』
これはもう外的要因ですな。
革命を起こせ!ってことですわ。
ね~( ̄ー ̄)ニヤリッ
そんときは是非私も呼んでくださいね。

ピアノの先生のセッションもさせていただきましたよ。

リサイタルに向けてという課題セッション。
NLPの知識もまぢえての内容でした。
先生!大成功しますよ!
ピアノ教師たるもの…とか
リサイタルが終わらないうちは…とかっていう枠を
ちょっとはずしてみてくださいね。
その拒否している部分を受け入れると、絶対演奏に深みが増しますから・・・

…よかったショパン聴いてて…(笑)
こ~みえてもクラシック好きですよ。特にショパンが。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
そだ、せっかくピアノの演奏会wだったのに上手いこと説明が出来ませんでしたので、こちらで再度お話しを。

以前のブログでも書いたのですが、そもそもBodyTalkってのは魔法でもなんでもなくて
ご自身の自然治癒力を高めるお手伝いをするものなのです。
本来、人間や動物の体ってのは『自分で治す力』が備わっています。
でも、いろんなストレスや過度の負担などから身体のバランスが崩れてしまって
自分で治す力が発揮できずにいます。
なのでBodyTalkではどこがそのバランスを崩しているかを確認して、調整することを目的としています。
万全な態勢でいるためには何事がなくても調整することも必要です。
キレイな音を出すピアノも調律が必要なように、身体も調律が必要なのです。
そして、いわゆる『直感』というのも備わっている。調律をしていると、本来持っているものが光りだします!
なので、直感が働くと情報や危険が察知しやすくなる・・・願いがかないやすくなる!
なので、別にBodyTalkで願いがかなうわけではないと…nayoは思うんですよね。

何か症状が出たとき、問題にぶち当たった時にBodyTalkって言うのはもちろんですが、
日ごろの予防医学の一環としてBodyTalkをご活用くださいませ。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

ってことで、記録的な大雪で除雪が全く入っていない道を
頑張って帰ったnayoでした。

Aさん、ケーキ美味しく頂きました。
また呼んでくださいませ(‘▽’*)ニパッ♪

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です