オーナーの熱い思いをシェア

犬用リンスインシャンプー『Rera』についていろんなご質問を受けます。
ある程度のことならnayoでも答えられるのですが、やっぱり成分のことになるとオーナにお任せします。
Reraはパピーのころから皮膚が弱く、膿皮症、フケ、掻きこわし、薬の悪循環に悩んだ我が家の愛犬
ゴールデンレトリーバー『ちゃこ』のため、元気いっぱい過ごしてくれる『ぢょん』のために作りました
eb84c2de.jpg

『おに~ちゃんがわたったちのためにつくってくれたのよぉ~』

昨日『天然成分って効き目が穏やかなイメージがありますが、抗菌面ではどうですか?』というご質問がありました。
オーナー本領発揮の回答をシェアさせていただきますね。
.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

ご質問について
天然成分の件ですが・・・
やさしいイメージはあると思いますが、すべては「配合量」だと思います。
多ければ効果が見えるでしょうし少なければ分からないというレベル。
天然成分の原料は高価なものが多いです。
なので大手さんは「ちょっと入れただけ」で大々的に前面に出していかにもそれが効いているかのような
広告を打ち出します。
煌びやかなボトルやパッケージでそちらにもお金をかけて。
でも、中身はどうか?
当たり障りのないものに仕上がっている場合が多いです。
話はそれましたが、天然成分というものはすべてが安全・安心でもないのです。
「抗菌」を考えた場合、天然のものは穏やかというよりは「弱い」と思います。

Reraの殺菌成分は、「グルコン酸クロルヘキシジン」、「塩化ベンザルコニウム」、「トリクロサン」という
3種類を配合しています。

通常、「防腐剤」をつかうところをReraは殺菌剤を使い「防腐」と洗った際の「殺菌」をかねています。
なぜ「殺菌」かというと元々我が家にいたゴールデンレトリーバーの「ちゃこ」に作ったシャンプーだからです。
酷い膿皮症でお腹や首回りが真っ黒でした。薬も悪循環で。
まずは「清潔」に、が大前提だと思ったのです。
皮膚の細菌も除去できるシャンプーにしたかったんです。
上記の殺菌成分は「赤ちゃん」が使うようなボディソープや子供たちが使う手洗いソープなどに多く使われている
殺菌成分なので心配なく選んだ原料です。
常用しても問題ありません。
まして、薄めて使うシャンプーですし毎日つかうものでもないですから。
カイカイが治まらないときは1週間間隔くらいのシャンプーをすすめていますが
たぶんワンちゃん達にしてみたら1週間間隔のシャンプーでもストレスを感じるでしょう。
良くなってきたら1か月でも2か月でもシャンプーしなくてもよいと思います。
シャンプーだけに限って考えた場合は、
「いかにシャンプーしなくてもよい皮膚環境を整えてあげるか」なんだと思います。
きっとそのためには食事や家の中の環境も考える必要もあるんだと感じました。
Reraは薬ではないので即効性はありませんがワンちゃん自身が治そうとする治癒力の手助けになるものだと信じております。
.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

惚れ惚れ(‘▽’*)ニパッ♪
シャンプー屋さんが
「いかにシャンプーしなくてもよい皮膚環境を整えてあげるか」
なんて言うか…普通。

でもそんなオーナーだからこそ、ワンちゃんに負担のかからないシャンプーを開発することができました。

285d11ad.JPG

2007/2/22から発売している
犬用リンスインシャンプー『Rera』
お試し用の小さなサイズもございます。

ワンズ・ハーツ

http://www.wans-hearts.com

ホームページで配合全成分公開しております

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です