完全オフなんですが・・・

そんな時は事務仕事。
ホームページ制作のお仕事もあります。
Facebook上では
『天才ほど部屋が片づけられない』というネタが飛び交っており、
かくいう私も
20140313223628

写真はイメージです。
こんな状態。

おに~ちゃんに言わせたら
『俺はおね~ちゃんが天才ぢゃなくていいから、部屋をなんとか』
といわれ、
そだ、9/20~21にNatsukoはんとたかちゃんがくるんだ!と思い立ち部屋掃除をはじめ・・・
あれ?今日燃やせるゴミの日ぢゃん!と、リンダ・トト砂を片づけ・・・
あ~なんかお腹すいた・・・とパンを焼き
いやいや、ゴミの日だからとゴミを捨てに行き
あ~なんかお腹すいたとぢょんとミニィと三人でヨーグルトを食べ
なめこ栽培に精を出し
あれ?パン!と思ってオーブンにいったら干からびて。
仕方ないとぢょんとミニィにあげて
その食べ方がなんともおいしそうでまたまた自分のためにパンを焼き
トースト片手に洗濯機を回し、
事務仕事の前にやっぱ部屋掃除と思い・・・掃除機をかけた途中で
メールチェックとパソコン部屋に。
メール返信してたら、このついでにブログ更新!と今に至ります。

こんなんですが、会社にいたころはキレイ好きの仕事のできるおね~さまでしたの。

はぁ~部屋片づけよう。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
最近ちと考え込んでいるところがあって。
同じボディートークでも施術士それぞれの個性があるだろうし、同じ内科医でも見立てや処方の薬が違うようにボディートークもそんな気がします。
もちろん、薬を処方することはありませんが、
ボディートークでバランスを取って、次の施術まで様子をみてて~と言っても
クライアントさんが不安だから何かありませんか?とかその間に何をしてたらいいですか?と聞かれると
ボディートークではない自分のスキルでお伝えすることがあります。

例えばワンちゃんの皮膚病で来店されて、あちこちのバランスを取って施術が終わり、雑談の中で手つくりご飯の話になって。
うちのちゃこの場合はこうだった・・・
フードジプシーだったけど、手つくりご飯にしてアレルギーと言われたものも食べられるようになって・・・皮膚も改善してきた。
と良かれと思ってお話しても、別のところで
『フードを否定された!手つくりご飯を強要された』なんて言われるとなまらショックです。

お客様の数が増えるとどうしてもこういった声はあがるものなんだな~

なんて落ち込んでいましたら、nayoさんのボディートークが受けたいんです!って言ってくださる方もいて。
これは施術士冥利に尽きます。

とあるブログに
『声の強さも施術の一つ』ってのがありました。
このブログには『はっきり強く言ってもらって良かった』と。
もちろん、施術士はいろんな状況と相手の気持ちをその施術士なりに読み取ってお話します。
強く言うのがいい時も悪い時もある。
そんな見極めは施術士にかかってきます。
でもその見極めは心理学を勉強したから正しいってもんぢゃないと思うんだ。

『声の強さも施術の一つ』
この言葉で救われた私がいます。

何度か書いては消しの内容だったけど、書いちゃった。

あは・・・掃除してきます。

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です