いつから余裕がない世の中に…動物ファーストのためにももっと人間が余裕を持たなくてはなりません!

あ、動物ネタでも何でもないのでスルーしてくださってだいぢょぶです。

夏休み~~~子供のころのあたしは休み最初の一週間で図画以外のものをぜ~んぶ終わらして残りの休みをのんびりりん教育テレビ(現Eテレ)三昧でした。
図画はnayo父担当。
父は美大に行きたかったとゆ~絵のセンスがあって、そこは適材適所の仕事分担です。

そんな合理的な生活は社会人になってから打ち消されました。
最初の会社が大手ソリューション会社だったこともあり、毎日数字に追われ週間、月間、半期、年間。
自分の数字を確保したら仲間の数字を確保して、そしたらようやく評価があがる。
いい暮らしをしたかったら数字をあげろです。

非生産部門の経理部もご多分に漏れず、100%合っていて当たり前の仕事はなにかミスしたら減点法しかなく、それ以上認めてほしかったら、努力目標に対しての進捗状況報告と、会社に対しての改善提案の提出が義務・・・

こんなに頑張ってるのに、本社と支社の評価は違って・・・って結局会社辞めたんですけどね。

辞めたくて寿退社を選んで、それも辞めたんですけどね(爆)

7月から経理の仕事をひとつ辞めまして。

あたしのアラフィフセミナーを受けてくださった方はわかると思うんですけど、本当にお金に対してのトラウマがあります。
二人で勤めてた会社の倒産、そこから年収1/3、最高年収時に立てた家のローン返済、おに~ちゃん燃え尽き症候群&プチうつで仕事できず、ローンの借り換えも許可されず

いつしかあたしがなんとかせねば!になってます。それは今も。

で、一応家計収入の一旦を担っているあたしとしては、辞めた経理の仕事分はクリアしたいな~と思ってました。

そして↑上のメッセージが降ってきました。

これ、学生の頃の夏休みの宿題感覚です。目標金額が初日にクリアしたかどうかはご想像にお任せします。

もちろん仕事ですから、サロン閉めて遊ぶぞ~ってことにはなりません。けど、そこに余裕があっていいはずなんです。

これから先一件も予約が入らなくてもだいぢょうぶ!って。

でもすごいざわざわ感

こんなこと毎月続くはずがない。来月ゼロだったときのために頑張らなくては。いや、その分溜まってた事務仕事できるやん。いやそれは非生産部門・・・
売上クリアしたってサラリーとは違うぞ!必要経費だってあるんだ、手取りの話や・・・ゼニヤゼニヤ!

あたしブラックですよ。心の声

なんか純粋に余裕を持てないだろか…なんかそんな飼い主がストレスマックスのなかにいて、動物たちは場を和ませるのに必死でもちろんそれは愛情をもって接しているけれど、もっと余裕があれば仕事のキャンセルがあったときなど、手放しでヤッター!みんなと一緒にのんびりしようって喜べるあたしでいたいな~って。

そんな時に今回の参議院選挙ですよ。マネーゲームの中で私たちは踊らされていたんだなって。老後2000万なんて無理だって。一人の勝者と多数の敗者しか存在できない世の中なんだって。

そんな気付きを得ました。

もちろん仕事はしますよ。

でも真の仕事って

自分が億万長者になってもやっていたいことが今の仕事なのか?

ってことです。

おかげさまであたしは今そうかな。。。

ワンズ・ハーツ立上げの時のスローガンは動物たちのこと優先にしてました。そして動物たちと飼い主さんの橋渡し

からの・・・今

動物たちと人間の橋渡し

に変わりました。

人間がもっと余裕があって、自分のことが大好きで、そんななかで動物との暮らしを満喫できるように。

何の余裕もないなかで、動物たちとの時間もなかなかとれないではなく。

それが虐待につながったり、多頭飼い崩壊につながったり。

動物ファーストのためにももっと人間が余裕を持たなくてはなりません!

みなさん、あたしに力貸してほしいんですよ!とどっかの代表のように吠えてみる。

 

Facebook Comments

2 件のコメント

  • 余裕…ありそでないですね。昔から貧乏暇なしで生活してますから 笑 老後のための2000万なんて絶対無理!でも老後の事を考えないといけない歳です… どうなることやら。

    • 由香さん!
      成るように成るんです!だいぢょぶ!
      そうなる世界にしていきましょう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    元理美容師、化粧品研究開発・製造工場の工場長を経て化粧品開発経験者のオーナーが処方する家族(愛犬)のためのヘア&スキンケアを担当。 アニマルコミュニケーションやそのほかの自然療法勉強中のnayo。 開店準備から現在のつぶやきまで。すべてがはじめての奮闘記です。 ワンズ・ハーツは動物たちが過ごしやすくなるためのお手伝いをいたします。