#高齢者にも生涯動物を クラウドファンディング案件?とりあえず書いてみる

・・・WIN君がお星さまになって一週間・・・父母ヤバイです。
歴代のワンコの時よりヤバイって言ってる。nayoは責任を感じております。

WIN君が予測不可能なくらい早く旅立ってしまった意味を模索しておりました。

もしかしたらちゃんとやれ!って言われたのかもな。。。

何度かこちらでも書いているnayoの夢は動物OKの老人ホームを作ること。でも宝くじが当たったら・・・
(゜σ ゜)ホジホジ… ピンッ!( ・_<)σ   ~・
全然真剣に考えてませんでした。
ご夫婦で介護のお仕事をしていて、経営にも詳しい方に『動物OKの老人ホーム』の話をしたことがありますが、今回のコロナのこともあり、例えば既存の建物だとなかなか難しいからやっぱし新たに建てたほうが・・・なんて。
モロ億の世界。

で、父母を見ていると、老人ホームに入るのかな?ってくらい元気で。
娘の力は借りるかもだけど、自宅で元気に過ごしてもらって、最後は病院で・・・とか。
老人ホームに入らない人だってたくさんいますよね。

生涯動物と暮らすということは高齢者に生きがいを与え、人間の健康寿命をのばすのです。

でも、自分が年を重ねると、動物よりも先にお星さまになる可能性も出てくる。だからある程度の年齢になったら、動物と暮らすことを諦めてしまう。それって自分に置き換えたらかなりつらいこと。いつその判断をすることになるだろうかと。

でです。

自宅である程度まで頑張ってもらって、動物のお世話もしてもらって。お散歩や、病院なんかへの送迎なんかはこっちでやって。
どうしても病院に・・・とかそれこそ老人ホームに・・・って時にはあたしが引き取るってのはどだろ。

そしたら人間が暮らすような建物はいらないでしょ?

ある程度の土地があって、ドッグランも完備で・・・なんてお話をゴッドクリーナーをされている間にお客さまにお話したらなんと

土地はあるで・・・という。

山一つ。が、難点は旭川ではない。深川市(旭川のとなりの市)だという。

旭川市がいいな…でもダメならそこがあるってことだ。

たしか、石狩市かどっかでそんなことをやっている方がいらっしゃったような・・・どなたかご存知の方いませんか?

でもこれはボランティアではできないこと。

なんか動物に関することはボランティアって感覚があるのだけど、事業として続けていかないとこの問題は解決しない。

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
問題点列挙

◎動物を引き取った時点でのある程度の管理費はいただかないと
・ごはん、ワクチン、病院代(病院を巻き込む)

◎飼い主さんが生きている間はこちらで面倒をみるが、なくなった場合は譲渡可能にする

◎一般の方も入れるドッグラン完備で、一緒に見守ってもらう。

◎在宅でのお世話の場合の料金体系の確立

◎ごはんは寄付もありか?

◎あたし一人ではできないので仲間を募りたい。

◎あれもこれもってなると大変なので、犬に特化する

◎きちんとしたビジネスモデルにする
(儲けはいらないけど、人件費を含んでマイナスにならない程度)

となると、とりあえず土地代と建物代だけでよしか・・・

まだまだ絵にすら描けないですけど、もういい加減考えたら~ってWIN君が言っているような。

仲間よ集え!

 

 

Facebook Comments

2 件のコメント

  • 素晴らしいです!人間が歳を寄せるとどうしても大型犬の世話はしんどくなりますもん。一度大型犬と暮らすとその魅力に取り付かれますから 笑
    なので諦める方にいってしまいます。

    • 由香さん
      まだ夢の話…いやもう動かなくては…の時期です。
      必要なのは本当にそう。
      だけれども、ここ、旭川で必要なのか?などなど頭の中でグルグルしております。
      もう少し具体的に考えなくては。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    元理美容師、化粧品研究開発・製造工場の工場長を経て化粧品開発経験者のオーナーが処方する家族(愛犬)のためのヘア&スキンケアを担当。 アニマルコミュニケーションやそのほかの自然療法勉強中のnayo。 開店準備から現在のつぶやきまで。すべてがはじめての奮闘記です。 ワンズ・ハーツは動物たちが過ごしやすくなるためのお手伝いをいたします。