アニマルトークアクセスセミナー二日目報告

さて二日目。
四時間ほどの睡眠で朝6時に旭川を出発
途中まではだいぢょぶだったけど、吹雪で高速を下ろされる。
札幌への道は凸凹道で、私はともかくがかわいそう

タイムの道の駅(旭川~札幌の約半分)で吹雪になり、行くのを断念しそうになった
でぇ。
『どんな吹雪でも耐えるから、道の凸凹は止めてくれ』と念じたら、あら不思議

道の駅から札幌までは除雪がされていてキレイでしたが、一瞬で視界ゼロの猛吹雪
まぁぢょん・ちゃこにはこのほうがいいな…

で、三時間半かかって会場へ。

ふかさんがもう到着していたので隣に座ってぢょん・ちゃこと初対面感動の一瞬ですが写真なし。

二日目は前日に説明のあったテクニックをを使っての実践をします。

…ぢょんがけたたましく吠える。
吠える吠える吠える

ルーシャ先生
『普段からこんなに吠えるのシェルティーだから吠える犬種なのだけど…』

nayo
『普段もおとなしいほうではないけど、ここまでは吠えません

ルーシャ先生
『Joh~n Come here』
『頭ぶつけたことある頭痛いって』

するとちゃこ私にねえねえ攻撃

ルー
『ちゃこが、あの時よ、おね~ちゃん覚えてないの』って言ってます。

nayo
『え~ちゃこ…いつのことだ~覚えてないよ

ルー
『ちゃこが大丈夫、あなたのせいではないから…と言ってます』

ルーシャ先生がJohnにセッションしようとしたら、ちゃこが先生の所にグイグイ。
『私の体を使って、Johnの代わりに…と言ってます。………あと、あなたの3歳の時の記憶の感情を解放してあげて欲しいと…』

nayo、何故だか涙が

ルーシャ先生が近づいてきて『大丈夫よ』てハグしてくださいました。

劇的なシーンではぢまった二日目

大脳皮質
SBジャンクション
水和
体化学
相互部位

を練習します。

ぢょんを私が、ちゃこはふかさんが担当で練習しました。
f90c06e8.jpg

大脳皮質
大脳皮質のバランスを良くする事で、動物の心身全体のバランスがよくなります全ての病気は何らかのレベルで脳に反映されると言われています

SBジャンクション
蝶形頭蓋底結合部が詰まってしまうと呼吸が制限され、全てのものに制限がかかります

水和
水を摂取してるからといって、必要な分が細胞に取り込まれているとは限らない
水和は動物の体の全てに水が活用されるようになるためのテクニックです

体化学
体に侵入するアレルギー物質や有害物質などに対応出来る体作りをする

相互部位
体の相互の部位のバランス

を勉強しました

今回はアニマルトークアクセスだけではなく、アニマルコミュニケーションやドッグトレーナーの分野にまで話が及びました
ドッグトレーナーの分野はぢょんにお任せ
38ff1fff.jpg

で、キチンとリーダーを示してあげる事で、も楽になる!と言うことで、リーダーのルーシャ先生にぢょんが対応するのですが、突然の事だったのでびっくりして『キャンキャン』と吠えたんです@ぢょん

そしたらちゃこさん、ふかさんが持っていたリードをすり抜けぢょんに駆け寄って、優しく耳元で『だいぢょぶよ、ぢょんに~ちゃん』って言った模様。

この時にね、二人の絆を見ました。
二人とも、に居るときは干渉せずって感じでしたが、は二人でひとつなんだなぁ~って

ぢょんも連れてきてよかったなぁと。

セミナーはそんなこんなで終了し、名残惜しいふかさんとのお別れ
本当にお世話になりました。
nayoが泣いて居るとき、優しく背中を撫でてくれた手はパワーを感じました。ありがとう

で、四時間かけてに到着お疲れ様
お風呂沸いてるよ~って、いい旦那様ありがとう。
ひと通り報告をし、は二人でひとつだと言ったら『違うよ4人でひとつ』とおに~ちゃん語録ステキ

『あの~あたったちを忘れていましぇんかねぇ~』とリンダ
『あんたらはまだ居候』と仲間に入れず

そんなこんなで、激動の二日間は終了しました。

ガタガタ凸凹道の中、頑張ってくれたぢょん・ちゃこ、ミニーちゃんに感謝
心配だろうに、快く出してくれたおに~ちゃんに感謝

お留守番のリンダトトぎんちに感謝

ルーシャ先生への質問コーナーは次回

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です