パラレルワールドと現実ワールドと並行現実ワールド/長文です。

今朝、ミニィのご飯を作っていたら久々に降ってきた言葉

コミュニティを作ったらそれはもう宗教だ

確かにね~コミュニティはある意味集団意識です。
目的を持った者たちが集い、それに向かって進む、あるいはその場を膨らます。
統一の目的があればなお良し、持たないものは軽く排除され、あるいは統一させられていく。

集団意識が強ければ強いほど、その個のパワーはすごくなる。これは『力』ではなくてうねりのパワーです。

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

最近こだわりを持った方が多くサロンに来られます。

■この一週間肉を食べてはいけないといわれました

誰に?

■名刺に★マークを入れなければだめだといわれました

誰に?

■青いものは一切排除しなければダメといわれました

うちのサロン「青蓮庵」ですけど・・・

これはそれぞれ、何か信じる団体があってそのところの教えなのだそう。
濃いお客様が最近多いです。

で、いぢわるなあたしは

「それを破ったらどうなるの?」

と聞くと、災いが起こるそうです!という。

あたし肉大好きですし、名刺に★ついてないですし、青好きですよ。

こうして、恐怖を植え付けたほうが人をコントロールできちゃうんですよね。
あたしにも少なからず信者さんはいらっしゃるので、『これはダメ』とは言わず
『こうしたらいいかも!』とかに置き換えた言葉を使います。選択肢はご本人ですからね。

で、ぢゃ、それを破ったら本当に不幸になるのでしょうか?

その教えを破ったら、不幸になるかもしれません。
でも
その教えを守っても不幸になるかもしれません。
それは誰にもわからないこと。
だって、同時に体験できないから。

パラレルワールド

観察者がいる世界から、過去のある時点で分岐して併存するとされる世界。並行世界並行宇宙。→多世界解釈

コトババンク

要は自分が選択しなかった世界が同時に存在するというもの。

これは本当かどうかは今のあたしにはわかりません。
そしてその世界があったとしても自分では見れないことである。

あの時二人の男性に言い寄られて、今の旦那を選んだけれど不幸続き。
もう一人にしておけば社長夫人だったのに・・・などなど。

でも、社長夫人になれたかどうかはわからないですよね。しかも、万が一社長夫人になったからといって幸せかどうかは限らない。

なので、あなたが例の教えに背いてお肉を食べて不幸になった現実はあるかもしれないけれど、食べなかったからといって幸せになるとは限らない。むしろ不幸になるかもしれない。

あたしはあまのぢゃくなので、こうして何かしらの教えを伝えられた時に

だって、世の中の人が全部この教えを知らないでしょ?
知らずにそれを犯したからといって、不幸になるの?

って思う。

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

世の中は現実ワールドと並行現実ワールドなのだと思う。

事実は変わらない。
でもそれを自分の意識で認識を変えることができる。
それが実は並行に走っていて自分の意識で乗り換えができる。そんなイメージ。

過去に大失恋をした。死にたくなるくらいだった。
あの時私が彼のプレゼントを喜んでいれば・・・

でも今思えば勉強になったし、あの別れがあったから今の彼がいる。

となった場合、『大失恋』という事実は変わらないけれど、死にたくなるほどみじめな自分と、その大失恋で女っぷりをあげた自分がいる。

そこには分岐点としてプレゼントを喜ばなかった自分(現実)

プレゼントを喜んだ自分(パラレルワールド)
があるのだけど、そのパラレルワールドは体験できないわけだ。

でもその現実と常に並行現実は存在する。自分の気持ち次第で世界は変わるのだ。

世の中はこれから制限を解放する時代に来ると思う。
中には制限があったほうが生きやすい人もいるだろう。
もちろん、自由という名の不自由さもある。
でも、制限をなくす中で個人の意見が尊重されて、ある程度の距離をそれぞれ保ちながら生きていければいいのではって思う。

だから好きにお肉も食べればいいし、★なんてつけなくてもいいし、青だっていい色だぞ!好きなら身に付ければいいぢゃん。

そんな教えを知らないで生きている人は五万といる。それでも幸せだと思うよ。
食べないで幸せになるんだ!って信じて幸せならいい。でも、ちょっとでも腑に落ちてないからあたしに相談しに来るんだよね。

そんな制限を与えなくても幸せになろうよ。

要はあなたの気持ち次第。
その並行現実ワールドに乗り移って幸せになろうよ。

Facebook Comments

2 件のコメント

  • いつも元気もらってます!ありがとうございます♪
    ホントに自分の気持ち次第ですよね!一度しかない人生ですもんね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    元理美容師、化粧品研究開発・製造工場の工場長を経て化粧品開発経験者のオーナーが処方する家族(愛犬)のためのヘア&スキンケアを担当。 アニマルコミュニケーションやそのほかの自然療法勉強中のnayo。 開店準備から現在のつぶやきまで。すべてがはじめての奮闘記です。 ワンズ・ハーツは動物たちが過ごしやすくなるためのお手伝いをいたします。