【学んで時にこれを習う亦説ばしからずや】日々是新

↑ワンズ・ハーツ的自然療法の考え方
DPCセッションのご予約はこちらから~~~

さて
DPCセッションは
ディープクリアリングセッション
略してDPCデゴザイマス。
DA PUMPクルーの略とも言いますが…

深いところをクリアにして心身ともに根本から健康になる

というのがモットーでございます。

人や動物の意識ってよく氷山に例えられて

表面に顔を出しているところ(目に見えるところ)に原因はなくて
もっと深いところに原因がある場合が多い。
そこを突き止めてクリアにしてあげると症状や問題行動が治まるってことです。

例えば胃が痛くてセッションに来られるとします。

胃が原因ではなくて姿勢の悪さで胃の位置がずれていて胃痛を伴うとき。
胃の位置の調整をするのではなくてなぜ姿勢が悪いのか?を突き止めます。
すると、過去のいじめが原因で背中で視線を受けてしまい、それが苦しいと堂々と歩けなくなる。
身をかがめて視線を受けないようにする。
この場合胃痛を抑える施術のみを行うのではなくて
堂々と胸を張って生きる勇気を植え付ける。
そうすると胃の位置も正常になって胃痛も治まるということです。

がセッションをこなしていくとそうでもないということにもぶちあたります。

ただ淡々と目に見えているものを感じ尽くす

例えば人や動物の死に対して
病死や老衰でない場合
なぜこんな亡くなり方をしたのか
と聞かれる場合があります。

理由を突き止められることもありますが

ただ淡々と『亡くなった』事実を受け入れること。

と出る時がありました。

理由を探る必要がないと。

あんな亡くなり方・・・と心を痛めている遺族の方に
故人(動物)の亡くなり方の意味をお伝えするのではなく
ただ『亡くなった』という事実に向き合うということを。
セッションでは
『亡くなった』という事実を受け入れるココロの調整を。

すると停滞していた物事が動き出すことがあります。

++++++++++++++++++++++

痛みを抑えてくれ

とのセッションにただ痛みを取るのではなく
この痛みを消すとまた無理をしてしまうという意識があった場合
痛みを消すことはその人を危険にさらすことになります。
なので、痛みを消すことだけを目的とするととんでもない間違いを起こすのです。

なんかね、その人や動物を楽にしてあげようというおごり高ぶりの施術士はあかんなぁ~と思い知らされる今日この頃

もっと謙虚に向き合わなければと
セッションを通して気づかされました。

10月のセッション予約はまだまだ空きがあります。
札幌でのセッションは今年いっぱい満席でゴザイマス。
遠隔セッションでも効果は同じですので
こちらも併せてお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

アニマルコミュニケーション、調整もできます。

ワンズ・ハーツは動物たちが暮らしやすくなるために
できることを発信します。


ツルサラフワが長続き
犬臭くなりにくいリンスインシャンプーできました。
元理美容師・化粧品製造技術者が
皮膚病の愛犬のために処方開発した
安心安全のシャンプーRera(レラ)

Facebook Comments

ABOUTこの記事をかいた人

元理美容師、化粧品研究開発・製造工場の工場長を経て化粧品開発経験者のオーナーが処方する家族(愛犬)のためのヘア&スキンケアを担当。
アニマルコミュニケーションやそのほかの自然療法勉強中のnayo。 開店準備から現在のつぶやきまで。すべてがはじめての奮闘記です。
ワンズ・ハーツは動物たちが過ごしやすくなるためのお手伝いをいたします。