我々はなぜここにいるのか

f7e57c58.jpg生態展示でおなぢみのココ、北海道旭川市にある『旭山動物園』

nayoが生まれた年に開園しました年バレるやん

入場者数激減、エキノコックスの拡大による閉園などを経て、今や日本一の『動物園』になりました

全国放送か地元かはわかりませんが、時々『旭山動物園の軌跡』なるもののが放送されます。

先日、ぼ~っとを見てましたら特集をやってました。

園長の小菅さんがインタビューに答えていたのですが…

『飼育係になって、まずその子を好きになる。その子の事が知りたくなる。するとその子の種を知りたくなる。その『種』のために何ができるか…を突き詰めていくと、なぜ自分は今ここにいるのか』になる。

と仰っていました

そう考えると、いつもどなたかが仰る『偶然ではなく必然』になるわけです

それを紐解いていくと(人生をさかのぼって)どれも『今の自分』を語るにはなくてはならない出来事であり、選択だったんですね

何故ワンズ・ハーツが出来たか…なぜぢょん・ちゃこがうちの子なのか…なぜ化粧品製造会社に入ったか、なぜ動物好きの家庭で育ったか…なぜ自分が生まれてきたか

『全ての事には意味があり、全ての事はよい事につながっている』

全て無駄なものはない。

ぼ~っとみてるのなかにも学びがあるんですね

『ありがとうともに生きてゆこうね』

我が家の子たちだけではなく、全ての動物たちと…。

ワンズ・ハーツのこころです。

Facebook Comments

2 件のコメント

  • 自分のブログを書いてからこちらを覗いて、ビックリ
    何ででしょう?
    ダブってる!
    ちょっと不気味なほど
    考えてること、時間、もしかして一緒

  • ほんとですね~
    内容がダブること多いですよね
    繋がっちゃってますかね
    でもホント・・・全部が必要な選択だったんですね。
    逆に動物たちもココに来る必然だとしたら
    やっぱし動物たちと人間は繋がっているんだと思います。
    必要だから目にする耳にする
    出来る範囲で精一杯ですね。そうしていると必ず導きがありますから

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です