獣医さんの診療日記

昨日だったか朝におに~ちゃんが
『獣医さんの診療日記、今日で終わっちゃうんだって。緑の森の院長先生だけど、うちのブログみてるんぢゃね?って内容だよぉ~』と叫んだ。

最近nayo新聞読む暇もなく、こんなコラムがあったことをすっかり忘れておりました。
北海道新聞の朝刊に毎週金曜日?に市内近郊の獣医さんがかわりばんこにコラムを書いております。
今回は最終回だったらしいです。

image

動物が望む治療とは・・・のタイトルでした。
彼らが望む治療とは?彼らが望む生き方とは・・・それは飼い主さんが一番よくわかっている。
『いつかはいなくなる存在であることを受け止めて、幸せであるかどうかを考えてあげるようにすること・・・そこに獣医師が協力できる医療があると思う』
の言葉で締められていた緑の森どうぶつ病院の本田院長。

もし我が家にお金や自由になる時間があったら・・・毎週、二週間に一度の放射線治療を受けさせていたか?
それがちゃこが望んでいる治療なのか?
これは自問自答です。
その選択は飼い主さんの自由だし、もしかしたらそれを望んでいる動物も・・・いるか?
私にはわからないけど、少なくてもちゃこは違う気がする。

昨日、たかすの丘どうぶつ診療所さまから『病理の結果が出たのでお電話か来院を・・・』と携帯にメールが来たのですが、勇気がなくて抜糸の時(来週の火曜日20日)に聞くことにした。
なんとも情けない飼い主ですが、それを2~3日後に聞いたからと言って私たちの方針に変わりがないから。
ただ、現実を受け止めてそれに基づいてホメオパシーなどの処方を組んでいただくことにはなるので、ないがしろには出来ません。。。現実を受け止める。そこからはぢまる・・・何度となく私が皆さんをセッションさせていただいた時に言った言葉だった(笑)

昨日、仕事から帰ってからかねてよりお付き合いのあるO様のボディートークセッションに伺いました。
そこで漢方アロマの話があり、またまたちゃこの治療に協力してくださることになりました。
ただ、アロマ系はホメオパシーと合わないことがあるので…そこは上手にやっていこうと思います。
その漢方アロマの先生は西洋医学からあえて東洋医学の道に進み、札幌で漢方アロマと鍼灸での治療院をされているとのこと。
その先生のもとで学ばれているO様の奥様とお話ししていたところ
ガンには玄米がいいんですってぇ~とか、空気清浄も重要らしいですよぉ~とのおはなしを頂き
『どっちもやってるんだぁ~』というと・・・二人で大笑い。
nayoさんがマイナスのイメージが浮かばないなら、例え『診断』がそうでも大丈夫ぢゃないですかね…と嬉しいお言葉

空気清浄の話は『須崎獣医師』の本やセミナーでも何度となく話されていることで、たとえ栄養価のある食事療法や、サプリメントを摂取していても空気が汚れていたらだめ。
カビやホコリなどが体内に蓄積されることで、病気を発症することがある。空気清浄は重要。
ということで、我が家はダイキンの空気清浄機とシャープのプラズマクラスターをつけております。
そだ、実は歯周病も原因の一つと言われてます。歯周病菌が肺に入って・・・ってことも考えられるので。
歯磨きも本当は大事なんですよ…ぢょん・ちゃこはやってませんけど。
それと空気清浄・・・お部屋のお掃除は重要であります…おに~ちゃん頑張って(笑)

ってことで、我が家はなんかいい空気が流れております。

皆様からのパワーに感謝

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です