死即生、生即死・・・備忘録

未だに昨日見たちゃこさんの夢がリアルすぎて、仕事中にも涙が止まらないnayoです
会社の人にお話しすると
『それはちゃこちゃんが、今本当に幸せなところに行っているていうのを知らせてくれてるんだよ~』と言われ
また号泣
嬉しい事なのですが・・・
『でも大興奮しすぎて、目が覚めてしまって触れなかったんです
と言うと、
『ゴーストぢゃないけど、触っちゃダメなもんだったんぢゃない?それはまた次回のお楽しみでさ』と。
なるほどね・・・

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

さて、タイトルの話。
ちょうどnayoが読み返している本のことが、2009年のブログに書かれてあったから掘り起こし
『宿命と運命と使命』
そそ、シュタイナーの哲学書みたいなやつを読み返しているんですが、さっぱり頭に入っていなかったです
なんで今その話かと言うと
先日から
『死に対しての恐怖や絶望が無くなれば人生のほとんどが救われる』
『命が宿った時から死は始まり、また永遠なるものも宿っている』というのが頭から離れないのです。
んで、本を読むと
『死即生、生即死』という言葉がありました。
オギャーと生まれた時から生とともに死が始まる。私は現在生きているが、それは刻一刻と死んでいる。で生が終わる(滅する)とともに死も終わる。
という意味らしいです。
だから遅かれ早かれそれは訪れることであって、決して特別なことではない。
そして、『魂は永遠』と信じるならば、
命が宿った時から死は始まっているけれど、同時に『永遠の魂』も宿っているんだと。

2008年の生まれ変わりを語っているブログ
『早く人間になりた~い…かなぁ?』

の時に

ん~私は生まれ変わったら犬になって犬の能力→スピリチュアル的なすぐれたものを人間に伝達して共存をより考えてもらうようにしたいのですが…

と書いているんですが、

もしかしたら、ちゃこさんがその役目を買っているのでは?とも思ったり。
おね~ちゃんが犬に生まれ変わったって、飼い主がそれに気がついてくれなきゃどうしようもないのよ。わたったちいいコンビだと思わない?

確かに・・・でもそれをうまく伝えられるかなぁ~ んぢゃ、おね~ちゃんはそれを人(他人)頼みにしようとしてるだけぢゃない?わたちも十分伝えてるはずよ ハイ

先日mixiのアプリでマヤ暦のなんかをやったんですが、nayoの潜在意識の中の分類が
『白い世界の橋渡し』だったの。
何かっていうと、
『死と再生の力』『橋渡しの力』『中継する』
なんですと。
潜在意識の中であの世とこの世を結び付けるってのがあるみたいです。

何がしたいかと言うと、やっぱしペットロスに悩む人を救いたいのかなぁ~
もちろん、今いる飼い主さんと動物たちのバランスを取るのが最優先ですが、そのときからも
『そ~ゆ~もんなんだよぉ~』ってお話しできれば、動物たちがお星様になった時に
『あなたが死んだのに私はおなかも空いて、眠たくなって、明日があるなんて申し訳ない』とは思わない。
でも実際、こういったことで悩まれている方は多いんです

今、ちょいとnayoの考えがまとまらなくて、何をしていいかがぐっちゃになっているのですが・・・
4月のマインドスケープというセミナーで自分自身をみつめなおすことができればなぁ~と思っております。

Facebook Comments

2 件のコメント

  • ハピネス心理学はシュタイナーの論理がベースになってるので、なよさんが抜粋した部分もやりました~
    もっと突き詰めると、死ぬ時に次の人生が始まってるそうです。
    一日の始まりは目が覚めた時ではなくて「夜寝る時」と捉えるのと一緒の考えです。
    私もかなり長い間、ペットロスでした。
    今でも先代のことを考えると6年経つけど涙が出ます。
    去年の自分の講座の時に、受講生のKさんが、練習で先代とのコミュニケーションをしてくれて、先代が生まれ変わったと聞いて、2度失った気がするくらい悲しかったです。
    アニマルコミュニケーターになったって、動物の死生観を理解したって、悲しいものは悲しいです。
    自分を傷つけるのは他人ではなく、自分だけなんだと分かってから、ペットロスも誰に何を言われても救われないんだと思いました。
    でもそれも自分で選んでるからなんですよね。
    亡くなった子のコミュニケーションをさせて頂く機会も多々ありますが、人間を亡くした時と同じなんだなぁ~と思います。
    大抵、後悔や懺悔の念ばかりです。
    私もそうでした。
    それを伝えたとしても、ペットが愛や感謝の気持ちを送ってるとわかったとしても、やっぱり悲しいものは悲しいんですよね。
    気持ちが晴れるかもですが、喪失感は埋まりません。
    でもそれでもいいと思います。
    自分でそれを選んでいるんです。
    何を言いたいんだかわからなくなってきたけど(笑)、どんなことでも自分を救えるのは自分だけって思いますw
    そしてすべて自分で選択してるってことです。
    長々となよさんのブログコメント欄に自論を書いてすみません(笑)
    しかも意味不明だし^_^;
    マインドスケープ楽しんできてくださ~い♪

  • 和さん
    コメントありがとうございます
    ハピネス・・・すごく興味があって、お話聞きたいと思っていました
    ACは頼まれた時が初めてその方にとって『聞く耳』を持たれる時ですよね。
    ちゃこがなくなった時、頼みもしないのに勝手にされて『感謝してますよ~』と言われ『そんなの言われなくてもわかってるわ』と思いました(笑)
    本来はACではなくて、飼い主さんが一番わかっているはずなんですよね。
    いくら感謝されてるとわかっていてもあの『モフモフ』に触れない喪失感は消せません。
    でも現代人が宗教や信仰と言ったものから遠ざかってしまっているから、あっちの世界の事を信じられなくなって、目に見えるものがすべてだと思ってしまうことが『つらさ』を増幅させているんだと・・・自分では理解してます。
    ちゃこといっしょにラップ音のセッションができたらあっちの世界を表現できるかしら(笑)
    今後ともアドバイスお願いいたします。
    MS楽しんできます~Natsukoさんとのね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です