ペットロスカウンセリング…初

実は本日はぢめて
ペットロスカウンセリングをさせていただきました。

今まではボディートークのご予約を受けてからの…といった感じでしたが、純粋のははぢめて。
前日にお電話をいただき、少しお話して、両親と同じくらいの年齢の方と知りました。
そんな方にお話ししてもいいのか?
いろいろ考えましたが、できる範囲でカウンセリングさせていただきました。

ご夫婦でご来店…チラッとお話しするとご主人は2人でお話しした方が…と外に出ました。
1時間ほどお話しして、ご主人を呼びました。
ご主人にも話を聞いて欲しかったから…

戻ってきたご主人は
カウンセリングというものはどんなものか知らなかったし、心配してたけど、ひと目見てあなただったら大丈夫と思って席を外したんですよ!と。

ありがたいお言葉。

壺でも買わされるんぢゃないかと。
そーですよね。
ってか、買わされる勢いでした。

肩が痛いんですか?わかります。肩痛いですよね、だってワンちゃん付いてますもの…この壺を…ってのも
ありえますから、気をつけてください!

肩が痛いのは姿勢の問題でしたー。
全身こわばって前かがみになってるから深呼吸できなくて…って感じ。

もっともらしく言って壺まで行かなくても、次回の予約をさせてしまう…
ありますあります。

内容は割愛しますが、

ペットロスにならないために…の勉強会は絶対必要だ!

ということ。

本当に壊れてしまう方がいる。
その方の育ってきた環境からも影響があるし、動物との関わりにも関係がある。

全く怪しいものではないので、そうなってしまったらぜひカウンセリングを受けていただきたい。
そしてぜひ、ご家族一緒に受けていただいて、皆さんで乗り越えて欲しい。

そう感じました。

image

カウンセリングが終わって家に帰り、ぎんちとちゃこに報告。
ぢょんとミニィを散歩に連れ出そうとすると、祭壇の輪がチーン!

image

あたし、間違ってない!
あたしの役目。

動物たちは、あなたを悲しませるために来たのではない。
あなたと一緒に楽しい人生を歩むためにあなたを選んだ!

ねー(((o(*゚▽゚*)o)))

image

21歳のゴマオバちゃん。

もう一度いいます。

ペットロスにならないために…の勉強会は絶対必要だ!

また秋に。よろしくお願い申し上げます。

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です