自分の進化を認める許可(備忘録)

独り言なのでスルーしてください。
アニマルボディートークアクセスセミナーが終わってから、空気が抜けているnayoです。
DA PUMPで上げてる感じです(汗)

先日ボディートークの施術で
自分の進化を認める許可をへそにリンク
というのが出ました。

要は自分で自分を認めて、さらに上げてまた進化して・・・
結局は自己完結やん!ってことです。
クライアントさんに説明していて、自分でも納得してました。

そこに『ある』と思えば『ある』し
『ない』と思えば『ない』
もう世の中はすでに意識の世界に入っております。

自分でできると思えばできるし、できないと思えばできないのです。
それをあたかも
『これを習ったからできるようになります!』とゆ~ような
免許的なものは正直もうナンセンスだと思っています。

意識の世界はみんなつながっている
だからあなたの智慧もまたほかの人の智慧である。
だれも制限をかけるものでもないし、使うなといってもそれを束縛することもできないと私は思います。

スプーン曲げもそう
できると信じて疑わなければできる。
コーラの味を変えることだってできる。
そんなやり方習ってないからできない!
なら出来ないし、出来ると自分を信じたら出来る。

でも人間は何かしらの承認がほしいので、
アチューンメント的なもので
『出来ますよ』と言われると安心するんだろうな…
認定書みたいなものをもらって『許可』をもらうことによって自信がつくんだろうな…
でも、そういったものをもらっても、自分にはできないと思ったらできないのです。
それは能力の差ぢゃなくて、出来る自分を信じる差なのです。

段ボールの中にぬいぐるみを入れて神とあがめて信仰すればそこに神が宿る
そこに神がいると信じたらそこに神はいるのです。

コレ、DA PUMPの曲聞きながらドライブしてたら降りてきましてね。

ってな話を延々と聞いてくださる方いませんか?
と考える、秋の夜長。

あたしが今後受けるであろうセミナーや講演会の基準は
この講師と時間を共有したいかどうか。
セミナーの内容は二の次だったりします。
あ、それは講師の方に失礼ですね。
いやでも、新たなセミナーを受講する気がないあたしが受ける基準ってそこなのです。

自分の進化をへそ(ハラ)で認めて、また脳に返して・・・の繰り返しをすると
自己完結で一番安上がりぢゃないのかと。

といいながら、あたしの生業は
カウンセラーだったり、ボディートーク施術士だったり
笑来文字リーダーだったりなのですが・・・

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です