オススメ本

3cb5e51d.jpg

Amazonよりオススメ本のご案内が来て、格好のカモになったnayoです。

三冊購入しましたが、そのうちの一冊をご紹介します。

『ある日 犬の国から 手紙がきて』
絵:松井雄功
文:田中マルコ
小学館

犬たちは眠りについた
虹色の橋を渡って犬の国へ
そこでは二本足で歩き
気に入った街へ住み
素敵な洋服を着て
仕事を持ちます
犬たちが思い思いに楽しく暮らす国

友達がいっぱい出来たモンタ
看護師さんになったリリー
シロベエはパン屋さん
ウルは気ままな旅を続いています

犬たちは犬の国から
大好きな人の大好きな家族の幸せを願って
手紙を出します

この世界のどこかに
犬なら誰でも行くことが出来る犬の国があります
生きている犬たちが、自由に遊びに行ける国
亡くなった犬たちが、幸せに暮らしている国

あなたの大切な愛犬もきっと…

…一部抜粋

本当に動物たちは飼い主の幸せを願っています
今もそしてお星様になった後も…
彼らの愛は無償の愛
ここまで愛してくれているのか…と思うほど

そんな動物たちに…お星様になった子も含めて癒やしてあげたいですね

読む時間を間違えないように
号泣しちゃいそうだ。

Facebook Comments

5 件のコメント

  • ヤバい…号泣だ
    でもお星様になったちゃんばかりではなく、長くお留守番しているちゃんからのお手紙もありました
    愛してるよ~ぢょん・ちゃこ・リンダ・トト…ぎんち

  • いやぁ~ん
    私も即買いですね
    そして号泣ですわ
    でもね本当にこんなところがあるのなら
    嬉しい・・ホットするかな
    特にお星様になった仔達のことは気になりますね。

  • たろママさん
    コメントありがとうございます
    昨日はお休みでしたので、ティッシュ抱えながら読みました
    でも、悲しみだけではない、動物たちの愛に触れるでしたよ
    ぜひとも

  • ラルママさん
    コメントありがとうございます
    この
    を購入するとき、ラルママさんとラル君を思い出しました。
    きっとラル君はお星様になっても、ラルママさんご家族を思い感謝していると思います。
    悲しみだけではない、心温まる
    でしたよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です