枇杷の葉風呂

ちゃこさんが療養ちぅに使用していた自然療法のいろ~んなものがほとんど残っており
ぢょんとおに~ちゃんとnayoで利用させていただいております。
自然療法のいいところは薬と違うから誰でも使える。
これは私の認識だけど…
例えばむうさんが処方してくださったホメオパシーも家族一緒に摂ることで、病気への理解が深まったりするので『一緒に乗り越える』気持ちが湧くんだと思います。
まだ動いていないそのヒトの発症も防いだり…
少なからず、病気や怪我(怪我にも意味があるとするならば)も、本人だけではなく周りからの影響もありますから
『本人だけが良くなればいい』ってもんぢゃない。
環境も考えるのが立派な『ホリスティックケア』なんですよ!
そして身体はお利口なので
『本人に必要のないものはスルーされる』ってのがあるので、安心!
ちゃこの骨肉腫のレメディーを摂ったからと言ってなんちゃぁ~悪いもんはない。
まあホメオパシーに関してが『薬だ』と言う方もいらっしゃれば、『詐欺玉だ』と言う方もいる。
ホモトキシコロジーは『薬』ですかね・・・
自然療法は自己責任ですから…

某ジュース…デトックス系の飲み物を飲む、nayoはそれ飲んだらすぐにP~だったのですが、ぢょん・ちゃこはどんな自然療法系のものを摂取してもうんPの調子はすごく良くて変わりませんでした。
それって、日ごろからキチンとケアされているからと・・・nayoは自負しております。
ちゃこさんの最期のうんPだって(死期を迎える最後のブツ)ホレボレするモノでしたからね~
腸が元気だと身体はウレシイ

失礼…

タイトルの枇杷の葉湯の話。
ちゃこ腫瘍や全身のケアにと千葉のT先生から枇杷の葉を送っていただいて、こんにゃく湿布とかと併用して使わせていただいておりましたが、ちょっと残っていたんですよ。
そこで、昨日は節分で
『節分過ぎれば日はまた昇る~だから枇杷の葉湯いいかな~』とおに~ちゃんがお風呂掃除&枇杷の葉湯を用意してくれていました。
ありがたき幸せ
枇杷の葉湯効能
いや~ん美肌効果
加齢臭予防ってのもあるわよ
ハイハイあんたはあんたは・・・

というわけで昨日はちゃこさんのおかげで枇杷の葉湯を堪能することが出来ました。
T先生、こんな使い方で申し訳ありません…
nayoびぢんになりました

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です