久々にあの世のはなし・・・

妄想族炸裂のnayo得意分野であります(*´・∀・)ゞ
イタイ話ありなのでスルーしてください。

いろんな考えとか妄想とか、本からの情報から組み立てられていたことが
『あ~やっぱし間違ってなかったな』に変わりつつある。

昨日の錬堂センセのお話の中で『幽体離脱』の話が出たのです。
先生は病気になっていた時に幽体離脱を経験されたそう。
nayoもこれがそうか・・・ってことは一度ある。でも自分を見降ろしたとかではなくて、グングン宇宙に向かって行ってしまった。
恐ろしくなって『降りたいよぉ~』って泣き叫んだらもとに戻った。
ドスンって体に入った感覚はある。
でもこれが霊的現象かどうかは不明

そそ、先生の話。
先生は幽体離脱をして自分を見降ろしたそうです。
その時『あ~肉体と魂は別物で、本当に肉体は借りてるものなんだ』と実感したそうです。
でも離脱しているときのフワフワ感って気持ちよくて、体に戻った時の
『重たさ、しんどさ、心地悪さは実感した』とおっしゃっていた。

nayoもこの現世の肉体は借り物だと思う。
もちろん動物も。
100%の生まれ変わりはないかもだけど、そのスピリットを持った魂がまた肉体を見つけて宿る時が必ず来る。
そう信じています。

そんな詳しい話はコレ

これ読むとあの世の話を『やっぱしやっぱし!』という確認作業をすることが出来た。

で、その先生の『重たさ、しんどさ、心地悪さ』ってのが重要で、
やっぱしこの世で生きるってことはいろんなものを背負って(もちろん病気も)大変なんだと思います。
修行の場ですから・・・人間も動物も。
ってことは、確かに病気や事故で亡くなるってことは本当につらいことだけど…
魂にとっては『いい日、旅立ち』なんだと改めて実感しました。

ちゃこさんの時も思ったけれど、
確かに『秋元ちゃこ』はこの世に存在しない
いるわ
いやいやだから、今は白モフではないしょ
・・・わたちのなかではまだ白モフなのよ
そなの?んぢゃ戻っておいで。近いうち。今年中に!
・・・

話を戻します。
病気で苦しんでるのは『肉体』で、そこに所属している魂も
『重たさ、しんどさ、心地悪さ』を感じるわけだから、そこから離れるということはやはり
『重たさ、しんどさ、心地悪さ』からの解放になると思います。
でも、その肉体として数年、数十年生きているわけですから愛着はもちろんあります。
不安もあるでしょう。生きている間に受けた愛情や残された家族や友人知人と離れる寂しさももちろん。
そこを『そんなことないよ。大丈夫だよ』といざなってあげるのがBodyTalkだったりするのかもしれません。

前に動物のためのBodyTalkのセミナーを受講したとき
nayoはルーシャ先生にちゃこのことを話しました。

ルーシャ先生と二度ほどあっている我が家の愛犬
ゴールデンレトリーバーが今年の一月に亡くなりました。
骨肉腫でした。
悲しくて悔しいこともありますが、彼女が身を呈して教えてくれた
BodyTalkをこれからも勉強していきたいと思っております。

今回愛犬は骨肉腫で最期はもうどうすることもできず
(痛みに耐え、モルヒネを打っても治まらなかったため)
安楽死の選択をしました。
私に安楽死という課題があったから、彼女もそう選択せざるをえない状況を作ったのだと思います。
それは理解します。

ただ、BodyTalkを含め、私が勉強してきたホリスティックケアは
『安らかにいざなうため』でもありました。
骨肉腫と診断される前も何名かの施術者にセッションしていただきました。
また診断後も何十回ともなくセッションしていただきました。
が、だれも重病ということにもたどり着かず
(BodyTalkは診断するものではありません。)
見た目は全く良くなることもなく、最期は苦しみの果てに亡くなりました。
一体BodyTalkは何に効いているのでしょうか

そこでルーシャ先生に言われたことと、nayo説を組み合わした結果

動物は死を恐れません。
それは生と死は延長上にあり、肉体を手放しても魂は残るという理念は人間以上に染みついていると思います。

確かに肉体レベルの喜びを手放す寂しさはかなりあるでしょう。
頭をなでられたり、一緒に旅行をしたり、ご飯を食べたり。
そう言った肉体レベルでの寂しさや悔しさを取り除いてあげるのが
BodyTalkなのでは?と思います。
もちろん、セッションで症状が治まることもあるでしょう。
でもそうでないときには魂レベルでの働きが強くなるのでは?と思います。
生き物は生まれたときから死に近づいていきます。
死は絶対逃れられないことです。
なので、使命を全うするための必要以上に苦しまないように・・

詳しくは当時のブログ参照
セミナー二日目・・・詳細?より詳しく?

何が言いたいかってね・・・
最近動物たちを見送るセッションが多くて。
飼い主さんに伝わっているか、悩みどころなのですが。
動物たちが病気だった場合はもちろん
その苦しさから逃れられたという解放を、
突然のお別れの場合も
今世の肉体を背負って生きるだけでもつらいことなんだ。
だからそこからの解放・・・

いい日、旅立ち

です。その感触を触ることは出来ないけれど
触れるのよ
いやいやそれはリアル妄想の話
・・・
マインドスケープを使うと触れるんだ・・・ドラえもんか(笑)

魂は永遠だから。

Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です