覚悟したよぉ~(泣)悪性腫瘍

先日mixiで『犬のガン、発症率1位がゴールデン』という記事に対し『なりやすかったら、なりにくい体を作ればいい』と断言しました。
いろんな自然療法の勉強をしていますが・・・動物たちを癒すと言いながら実は勉強しながらnayoなりの『覚悟』をうえつけているんだと思います。
やっぱし、寿命となると、ぢょん・ちゃこもあと30年は生きられないだろうし…
だからその時の為に、必死に勉強しているんだと思います。

手作りご飯、ホメオパシー、ホモトキシコロジー、バッチフラワー、クリスタル、ボディートークなどなど・・・盛りだくさん。
デトックスもやってますし、もうあらゆるもの・・・
これで病気になるならなってみろ…のレベル。

一週間に一度はやってるリンパチェックだって!
8-20-1

でも、そんな強気の発言はちょっとのことで揺らぎます。。。
実は数日前から気になっていたこと…

6d06befa-s1

頭の後ろの方に角がはえてきました。
『骨』みたいな硬さです。
そして・・・さらに・・・
8-29-11

赤で囲ったところに直径2cmくらいのゴロンとしたものが・・・

気になっていたんですが、病院にもいけず・・・先延ばしにしてた感あり
でも『めざましテレビ』の大塚さんのニュースもあったりで、重い腰を上げて病院に連れて行きました@おに~ちゃん

結果的に言うとだいぢょぶだったのですが・・・

頭のツノは『脂肪の石灰化』背中のゴリゴリは『老犬にみられる脂肪の塊』だったようです
小さくなることはなく、大きくなったら考えようということで経過観察。
悪性ぢゃなくてよかった。。。

仕事しながらいろいろ考えていたんですよ。
ちゃこはメッセージ犬なので、また自分の身体を犠牲にして『治してみて悪性腫瘍作ってみたわぁ~おね~ちゃんのやってるの効くの証明したらいいわ~』なんて調子でやっちゃったんぢゃないかと。
とりあえず・・・安心した。

脂肪の石灰化や塊はなぜになるのかと言えば原因は多数&不明だとのこと。
『小さくなることはなく…』んぢゃ『小さくさせてみましょうか』
( ̄ー ̄)ニヤリッとなっちゃうnayoであります。

ぢょん・ちゃこは『たかすの丘どうぶつ診療所』の林先生に自然療法の素晴らしさ、統合医療の必要性を身を持って伝えてきました。
あとはエネルギー療法だね。
ボディートークの素晴らしさをわかってもらおう。
『すべてのことには意味がある』

でも・・・nayoも勉強してるとは言えまだまだだな・・・
オロオロしちゃったもんな・・・
ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

Facebook Comments

4 件のコメント

  • ちゃん
    予想通りの結果だったみたで
    よかった
    頭の角も脂肪なのね・・・。
    あんなに硬かったのに脂肪も石灰化するとあんなになるんですねぇ・・。
    ちゃん、試しますね~
    今生はnayoさんに色々教える為にいるのかな?
    ちゃん程々にね~

  • Natsukoさん
    コメントありがとうございます
    ほんと試されてます。ほどほどにしてもらわないと…
    あのツノも、短期間で大きくなるわけはないから、結構前から・・・
    頭ポンポンしながら気がつかなかった。
    おっきくなったら皮膚も破けちゃうんだって。
    背中の塊はちょうど太陽神経叢チャクラのところだから、意味があるんだと思います。
    もう・・・普通の犬コロに戻ってほしいわぁ~

  • 悪性腫瘍じゃなくて、なによりホッでした
    ゴルもでしょうが、ラブも悪性腫瘍は多いんです。
    我が家の先代ラブ達、皆そうだったもの。
    最近思うのですが、動物も人間も病気になったり、けがをしたり、様々。。。。。
    でも、それが生きていること、生かされていることなのかもと。
    死別は何度経験してもどれも辛く悲しくて、簡単に気持ちを入れ替える事なんて私には出来ません。
    それでも、生かされている以上恥ずかしくない生き方をしなきゃと思います。
    いつの日か私にも与えられたその日が来るまで。
    ちゃこちゃんも、ハートもみんな今を真摯に生きているのでしょう。
    あの子達とのサヨナラは現世でのことで、お空の上の世界ではそれもどうだか?
    なんだかちっともまとまってなくて
    何を伝えたいんだか。。。。。
    nayoさん、肩の力少しだけ抜いてみたらってことなんだけどね

  • ハートママさん
    コメントありがとうございます
    動物たちは死を恐れない。
    それよりも残していく飼い主のことが心配でつらい…
    それは私が勉強している本にも載っている言葉であり、机上では納得していることなんですがね。
    ワンズ・ハーツがなかったら、単なるペットとしてぢょん・ちゃこと接していたのでしょうが、勉強しだすと『今までの常識は一体・・・』って感じで。
    試されているんだろうな…と思います。
    そしてちゃこはアタフタしてる私をお見通しで・・・ちゃんとコントロールしてるんだと思います。
    そして癒しのフォローはぢょんとリンダ・トト。
    うまく出来ていますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です