アニマルコミュニケーションの注意点・・・合っている間違っているとジャッジしない

最近遠隔でのアニマルコミュニケーションが増えています。
あたしのことをご存知ない方も、ご紹介とかどちらかで検索して来られる方も多いです。

ありがたいことなのですが、アニマルコミュニケーションというものを誤解されている方も多くなってきましたのでこちらでお話させていただきます。

アニマルコミュニケーションに何を求めますか?

今いる動物たちの気持ちもありますし、お星さまになった子の言葉を聞きたい!と思うこともあるでしょう。

あたしは動物とお話ができるということでおカネをいただいておりますので、真摯に向き合っているつもりでおりますし、我が家の子(犬猫うさぎ)に対して示しがつかないので、気を抜くことなきように努めさせていただいております。

あたしが無料で行っているアニマルコミュニケーション講座の教材の一部です。

人間も一つのことを考えているわけではありません。いろんなことを考えていますよね。
そしてその都度気持ちも揺らぎます。
ついさっき決めたことをまた悩んでみたり。それは動物たちも同じことです。

そして意識は何層にも分かれています。

飼い主さんが目で見ている世界と動物が感じている世界は違うかもしれないし。
あたしがチャンネルを合せるところもどこに合うかわからないのが現状です。

なので

飼い主さんが大好きです!

という言葉が返ってきたとして

あんなに懐かなかったのにそれは嘘だというのは間違い。

アニマルコミュニケーションは当たってる間違っているではないんです。

例えばあたしは『見える』というよりは感じる方です。
もし見えるとしたら動物たちからのものの見方で見せてくれます。
動物たちが感じる世界を見せてくれるんです。

なのでお気に入りの毛布の色は?って聞かれて、当たるときもあるけれど、はずれることもある。

年齢を聞かれて、動物から感じたことをいうと、そんなはずはないという方がいらっしゃるけれど、そもそも年齢の概念が動物にはない。
毎年にぎにぎしく誕生日をやっているかもしれないけど、それをもちろん認識している子もいるけれど、それが年を取ることだとか過去に何回それをやってくれたって覚えているかどうか・・・

病気ですごく表面上は苦しがっていたけれど、意識の奥底では飼い主さんのために病気になる場合もあるのです。そこを伝えるのはすごく難しいのですが、だからこそ、飼い主さんも意識の勉強は必要だと思います。

愛していると言ってくれ

答えを先に予想しているとショックを受けることがあります。
あたしのアニマルコミュニケーションやセッションはメールでのやり取りの場合、終了後に何度かのやり取りをします。それもすべて一回の料金5,000円に含まれています。

飼い主さんのことをどう思っているか

って聞いてほしいといわれます。

ありがとう。これからもよろしくね。

って答えたとします。

愛してるって言ってませんか?

と聞かれるけど、何度聞いてもありがとう・・・しか言わない。

数日たってまた聞いてほしいと・・・

結局一旦通信が途切れているのでまた再度つないで聞くんですよね。。。すぐつながれるからいいんですけど…何度聞いても答えは同じで。それが4~5回続く方もいます。

嘘でも『あいしているよ』って言えば納得されるのでしょうか?
なにを求めているのだろう。。。嘘はつけないしね。

あと、動物たちとの会話で飼い主さんには内緒ってこともあります。
それは動物の気持ちを尊重したいと思います。

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

お客様が増えてくるといろんな方もいらっしゃいます。
遠隔(メール)だと顔も見えないですし、誤解されることも多くなってきました。

今はアニマルコミュニケーションをされるスピリチュアル系の方も増えてますので、どうぞご自分と相性のあう優しいカウンセラーさんのところに行ってください。

そんな秋元でもいい!と思ってくださる方はどうぞつながりましょう!

 

Facebook Comments

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    元理美容師、化粧品研究開発・製造工場の工場長を経て化粧品開発経験者のオーナーが処方する家族(愛犬)のためのヘア&スキンケアを担当。 アニマルコミュニケーションやそのほかの自然療法勉強中のnayo。 開店準備から現在のつぶやきまで。すべてがはじめての奮闘記です。 ワンズ・ハーツは動物たちが過ごしやすくなるためのお手伝いをいたします。